4月9日のパトビラ(№874) - 拝啓、三原順子さま -

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、26日のパトビラは訪問の担当から外れてパトビラのみの担当なので書いてしまったし、その翌週はいわゆる『最後の晩餐』の日、教会でも洗足の木曜の礼拝を夜に行いますのでパトはお休みです。
したがって次のパトビラを書くのは4月9日なのですが、どうもこの国会発言について一言言いたくてかなり先ですが認(したた)めてしまいました 。
だいぶ先なので重要な辞退を書かなくてはいけない場合差し替えられる可能性はあります。

3月16日の国会の中で、あなたは
『日本が建国以来大切にしてきた価値観、八紘一宇であります。(中略)即ち一家の秩序は一番強い家長が弱い家族を搾取するのではない。一番強いものが弱いもののために働いてやる制度』
と発言なされました。ところが近頃の国会では、生活保護法の下方見直しとか労働を成果主義ととらえ残業手当をなくすこととか、派遣法の改定による労働条件悪化と言った法案が目立ちます。
日本の国内で誰が一番強いかという論議はあるかと思いますが、あなたのご意見の『家長が弱い家族を搾取するもの』をなさっているのはほかでもなく、政府与党であるような気がしてなりません。
八紘一宇の言葉を使うことも大いに違和感を感じますが、その言葉を一番否定しているのが他ならない政府与党であることを今一度熟考なさり、こうした労働者や生活弱者をいじめる法律提案を早急に取り下げてくださるように願います。


八紘一宇なんて言葉を、第二次世界大戦という歴史の学び以外で聞くとは思いませんでした。彼女も21世紀の今日日、言葉だけで意味が伝わらないと思ったのか、わざわざ説明を加えました。曰く、
「八紘一宇とは、世界が一家族のように睦(むつ)み合うこと。一宇、即ち一家の秩序は一番強い家長が弱い家族を搾取するのではない。一番強いものが弱いもののために働いてやる制度が家である。これは国際秩序の根本原理をお示しになったものであろうか。現在までの国際秩序は弱肉強食である。強い国が弱い国を搾取する。力によって無理を通す。強い国はびこって弱い民族をしいたげている。世界中で一番強い国が、弱い国、弱い民族のために働いてやる制度が出来た時、初めて世界は平和になる」

しかし、広く世界を見るためにはしっかりと大地に足をつけ、まずは日本の国内を吟味しなければなりませんが、今日のビラのように日本は労働者や生活弱者からの搾取が横行しています。
貧困ビジネスは、無料低額宿泊所という隠れ蓑を使ってチープな食事を多額な料金で提供してるし(まともな無低もあります)、派遣法は「登録」という形で労働者を拘束しながらも、雇用先にはペコペコとそして労働者には威圧的な態度を取り、挙句の果てには期限切れという形で何の補償もなしで解雇します。
大手金融会社の倒産時には国家のお金を使い立て直しをしても、中小には免税措置もなかったり、東電をはじめとする電力会社と2人3脚で、また沖縄では米軍と2人3脚で地元の農林漁業者を無視した行為を続けています。

第2次世界大戦時においてもこの言葉自身が悪かったわけではありません。
言葉巧みにだます形で周辺アジア諸国を「弟」のように呼びながらも、ただ「兄」の言う事を聞け、と暴力的に支配をしたわけです。暴力的な支配を八紘一宇と呼んだことが問題ですが、その数10年に対してトラウマになった国家・国民がいます。その人たちのことを思えばこの言葉を使う事は決してやさしい行為ではないです。
と同時に、今こうした生活弱者の措置を疎かにしながら八紘一宇(の理想論)を語るなら、その理想論は第二次世界大戦時の理論のすり替えから発する「我慢の強要」「国家への服従」にすぎないような気がします。

もし八紘一宇を言うのなら、まずは日本の生活弱者のためになる政策を発表してもらいたいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター