小田原市立病院・がんサロン

昨日久々に小田原市立病院の入院病室をお尋ねする機会があり5Fまでエレベータに乗りました。
と、その室内に1枚の案内掲示が・・・

20150215-01

をお!と慌てて携帯を取り出し撮影したので曲がっているは露出はあっていないは・・・で申し訳ないですが、小田原市もがんサロン始めたのですね。
連れ合いが乳がんで入院したころは、病院内サロンはなく、それもあってRFLに仲間を求めたところもあります。また、インターネットを通じてチーム・ピノコに連なる方々にもお交わりを頂きました。
でも、やはり地元で、「同じ釜の飯を食った」ではありませんが、同じ病院で治療したもらった仲間とは強いきずながあるようで、連れ合いも10余年前同時期に市立病院で治療を受けたソウルメートさんとはちょくちょくお会いしてお交わり頂いているようです。
手術をする病はやはり大病でしょう。そんな病気を経験した人たちは予後を生きるためにも交流は大切だと思います。
そして専門家の方々のアドヴァイスは重要です。

連れ合いも病後リンパ浮腫という後遺症対策でリンパドレナージの資格を取りに行きましたが、その際にも小田原市立病院の看護師さんも取りに行かれる胸の話をなされていたと言われましたが、少ない時間を駆使してスキルアップしてくださっています。
近隣のがんサバイバーさんやケアギバーの方々でご興味おありの方は是非ご参加になってみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター