飛行機事故

台北市内で乗客乗員58人乗りの復興(トランスアジア)航空機が墜落した事故で、台湾の中央通信社は5日、同機の死者は31人、行方不明者は12人になったと伝えた。同機は離陸直後に規定の経路を外れた後、基隆河沿いを飛行して墜落した。周辺には高層住宅や大型展示施設があり、死亡した機長(42)が人口密集地を避けて機体を墜落現場に誘導したとして、称賛する声が上がっている。
 台湾メディアは5日、死亡した機長を「英雄」と称賛。機長の母親は記者団に「彼を誇りに思う」と述べ、台北市の柯文哲市長も「機長は力を尽してくれた」と言葉を詰まらせた。
 同機は欧州製のATR72-600型双発プロペラ機で、昨年4月に納入され、1月26日に定期整備を行った。報道によると、昨年4月と8月の2回、故障で左エンジンを交換したという。機長は墜落直前、管制塔に「エンジン停止」を伝えており、今回も左エンジンの不具合が事故につながったとの見方が強まっている。4日夕には、フライトレコーダー(飛行記録装置)などが回収されており、当局が事故原因の解明を急いでいる。
 当局は4日深夜、機体が突っ込んだ基隆河から主要部分を引き揚げ、機内や周辺の川底を捜索した。機首部分は大破しており、正副機長の死亡が確認された。乗客らの負傷者は15人で、このほか墜落直前に巻き込まれたタクシーの運転手ら2人も負傷している。
 一方、交通部(国土交通省に相当)民用航空局は4日夜、復興航空を含む航空2社に対し、同型機全22機について、安全検査を通過するまで、飛行を中止するよう命じた。
産経新聞 2月6日(金)0時37分配信

数年前、この松山空港から、このトランスアジア空港の、このATR72機に乗った。そんなこともあって、特に気になった事故のニュース。
松山空港は日本の羽田空港と同じ都心にある空港で台北市内までのアクセスがとてもいい。という事は返せばそのまま密集地帯にある空港。その空港から離陸直後の出来事となれば一歩間違えればこの何十倍の死傷者が出てもおかしくないことを思えば機長のスキルはとても大事なものだと思います。
改めて思い出しながら、そしてこのイラストを見て、感嘆・称賛の声があがるのがわかります。被害がないように川へ川へ向かって行ったのが見てとれます。

20150206-01

そして、同時に別のニュースで不時着後シートベルトを外して機外に脱出を試みた少女が助かったニュースを見て、彼女が生への直感があり、その感性に従って行動できたことが数少ない生存者になったのだろうと思います。
昨夏南相馬を訪れた際、車を運転中に津波にさらわれた人のお話を聞きました。とっさに車から脱出して助かったのだそうですが、逆に車に乗っていたおかげで助かった、という方の報告も聞いたことがあります。
生と死のはざまは本当に紙一重なんですね。

お亡くなりになった方の御霊が神様のみもとに戻り安らかにお過ごしになれますように。残されたご家族ご遺族の上に神様の懇ろな慰めがありますように。
そしてどうぞ同じような事故が起こりませんように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター