人並み以上に気を使う方々

野宿を余儀なくしている人がいます。
アルバイトをして自身の食費等は稼げていますが、当然敷金・礼金・アパート代などは捻出できず、路上での生活を余儀なくしているのです。
その方からSOSの連絡が入り、医療単給で受診をしました。糖尿病から腎臓を傷めて、片眼も視力はなくし足のむくみは歩くのもままならない状態だそうです。

多くの野宿を余儀なくしている人は、出来るだけ人様の迷惑にならないようにしています。
彼もそうした気持ちが働き、後手になってしまったことは否めません。

夜間のバイトだったので、僕らが訪問するときにはほとんど住まいにおらずお会いできなかったことが悔やまれます。

でも、入院後市職員が早急に訪問してくれて生活保護の受給になりそうです。こうしたスピ-ディーな動きをみると小田原市役所職員を本当に誇らしく思います。
肝腎(心)要といいます、そして肝と腎はサイレント臓器とも言います。いたくはないですが生きるために特に大事な臓器が長年の路上生活で疲労困憊の中、今しばらくゆっくりと病院で休み回復してくださるようにと願ってやみません。

この方だけではなく多くの人がじっと我慢をしてしまいます。僕らの訪問の一つの目的は、「こんなこと言っちゃあ悪いよな」という気持ちを起こさせず、我慢しないで要求を言ってもらうこと。
もちろんその上で出来る事と出来ない事があるから断ざるを得ないかもしれませんが、気楽に注文を受けられる体制です。そうしなければ、彼のように生死に関するところまで追い込まれてしまう方がまだ出てしまうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター