ストレスがない外野からのお願い

テレビ朝日系の看板報道番組「報道ステーション」の打ち切り説が根強く流れている。
 番組の“生みの親”でもある早河洋会長が「ついに来春で打ち切りを決断した」とまことしやかに報じた週刊誌もあるほど。火のないところに煙ではないが、打ち切り説を肉付けする要素は局内にゴロゴロしている。
 そもそもの原因は、古舘伊知郎(59)とテレビ朝日の間がこじれていることにある。今年4月、「報道ステーション」10周年パーティーで挨拶に立った古舘は、番組スタート当時を振り返って「早河社長(当時)から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の『げ』も言えない」と、公然と局のトップを批判。
 古舘がこれほどまでに怒りをあらわにするのは、政権寄りの報道を志向する局側の姿勢だという。
「福島第1原発事故以来、一貫して原発の危険性を訴え続けてきた古舘に対し、原発再稼働にかじを切りたい安倍政権は業を煮やしている。その安倍政権に近い早河会長にとって『報ステ』は目の上のたんこぶ。古舘本人は“もし圧力がかかって番組を切られても、それはそれで本望です”と首をかけてでもこれまでの姿勢を貫いています」(テレ朝関係者)
 寄らば大樹。政権寄りの番組を作るなら、古舘を降板させれば済む話だが、そこに局内の派閥争いが絡むから事態は複雑だ。
「テレ朝社内では早河会長派と、吉田(慎一)社長を中心とした反会長派の間で権力争いが続いている。朝日新聞から天下ってきた吉田社長に対し、プロパーの会長派はヒット番組が打ち出せずに視聴率争いで日テレの後塵を拝す現状に業を煮やしている。しかし、吉田社長は報道や制作の現場には介入しない主義で、古舘が『報ステ』で進める反原発路線を容認している。会長派が『報ステ』打ち切りを進めたくても進められない事情がある」(前出のテレ朝関係者)
 古舘は「報ステ」キャスター就任から10年を迎え、自身は12月で還暦の節目を迎える。
「数字だけ見るなら月曜から金曜の帯で平均15%以上の視聴率を叩き出す『報ステ』を終わらせるわけがない」(別のテレ朝関係者)という声ももっともだが、古舘自身、しがらみだらけの現状に嫌気が差しているのは間違いない。
 日刊ゲンダイ 2014年11月27日(木)10時26分配信

古館さんの“もし圧力がかかって番組を切られても、それはそれで本望です”発言は視聴していたので聞いていましたが、その裏にはこうした事象があったんですね。
満足な仕事ができない。仕事にやる気が起きなくなった。情熱が空回りした状況のストレスは分からなくないです、なんて外野の僕らが簡単に言えることではないと思います。それはたぶん推測はできても共有できない辛さ・痛みなのでしょう。
その点は重々考慮をしたとしても、バランスのある意見を言う番組がなくなることはそれこそ相手の思うつぼです。
古館さんには何としてでも続けて、原発No! を言い続けてもらえるとありがたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター