便秘の苦しみ、下剤の効果

Blogに書くような内容ではないことは重々承知しております。
ご容赦ください。

数年前から、所謂メタボ診断が義務化され、僕の勤めている会社も従っています。
RFLでは、がんの早期発見は大切ですよ、なんて知ったかぶって語っていますが、それまでは僕は検診など受けたことがなかったので、こうした義務化は僕のようなものには大切なものになります。

しかし知らず知らずに体も老化してきまして、「下測れなかったらから45にしておきます」など言われた血圧が、140-80などになってしまったり、学生時代50kgの体重が70kgほどになったり、あちこちにイエローカードが出されています。
そして、暴飲暴食に耐えられる強い胃腸と思っていたのが、昨年バリウム検査の後、水も飲まず下剤も飲まずにいたら(一昨年はそれでも大丈夫だった)翌日七転八倒の苦しみ。いやぁ便秘の方はこんな苦しみの毎日なんだ、と改めて自分が体験することで理解をしました。
ことしはそんな苦しみをしないようにと、プルゼニド剤2錠を飲み、白湯を大きめのマグカップ2杯飲みました。はい、おかげさまですっきりとバリウム排出。薬の力の大きさに感動すら覚えていますが、薬が強すぎたのか、出し切ったはずなのに腸がグルグル言って若干腹痛気味。

朝起きたら膝が突っ張って、とか、畳のヘリに躓いて、なんていう加齢に伴う体調不良。そんなものがわが身に掛かってくる年齢になってきたという事でしょう。
若い皆さんも明日は我が身です、日々の運動と節制は大切です(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター