142か国中104位

ダボス会議を主催するスイスの研究機関「世界経済フォーラム」(WEF)は10月28日、世界142カ国を対象に、男女平等の達成レベルを経済、教育、政治、健康の4分野から評価した「国際男女格差レポート2014」を発表した。日本は昨年から順位を1つ上げたものの、142カ国中104位と低水準で、主要7カ国中最下位だった。
20141029-03


男女格差が最も少ないとされたのは、6年連続でアイスランド。2位がフィンランド、3位がノルウェーで、北欧諸国が上位を占めた。アジアのフィリピンは9位にランクインしている(図)。

20141029-02

この男女間の不平等の格差レポートは、以下の4分野のデータを基に作成された。


・経済活動への参加と機会-給与、参加および指導的な地位
・教育-初等およびより高等な段階の教育を受けること
・政治権限-意思決定構造への参画
・健康および生存率-平均寿命および性比



日本は、給与水準の格差はやや改善したが、「政治への参加」が129位、「職場への進出」が102位。管理職への登用などで格差が依然大きいことや、国会議員や企業経営者に女性の割合が低いことが104位の要因となった。

以下は、順位ごとに色わけした世界地図。濃い色で塗られた国ほど格差が少ない。104位の日本は、一番薄い色で塗られている。

20141029-01


■男女格差を埋めるため、多くの国が導入している「クオータ制」とは

海外では、女性議員の比率を高めるため、候補者などの一定割合を女性に割り当てる「クオータ制」を多くの国が導入している。日本ではみんなの党などが採用しているのみで、民主党が導入を検討している段階だ。自民党は、安倍政権が「女性の活躍」を掲げているが、現時点では検討していないという。


外国ではクオータ制の採用国が100を超える。発祥は1970年代のノルウェーで、政党が候補者名簿の一定割合を女性に割り当てた。政党によるクオータ制導入はオランダや英国、南アフリカに広がる。一方、アルゼンチンやフランス、韓国などは、憲法や法律で女性候補者の割合を義務づけている。

(民主、女性候補「30%に」 クオータ制導入検討:朝日新聞デジタルより 2014/10/16 05:00)



■フランスの「男女同数閣僚」を推進した、候補者を男女同数とする「パリテ法」

一方、2013年の45位から今年16位に躍進したフランスは、2000年に「候補者男女同数法」(パリテ法)が成立。2012年に「男女同数内閣」を実現させ、政治参加の点数を大きく伸ばしたという。


そんなフランスも、もとは政治への女性の進出が遅れた国の一つだった。しかし、1999年の憲法改正で、「選挙で選ばれる公職に男女の平等を促す」との文言が追加され、00年には「候補者男女同数法」(パリテ法)が成立。国政でも地方議会でも、候補者リストの男女比を半々にするよう各政党に義務づけた。


(男女平等、日本104位 議員・企業幹部、低い女性比率:朝日新聞デジタルより 2014/10/28 08:32)

僕の思っている男女平等という概念は、何でもかんでも男女が平等に参画する、というのとはちょっと違います。やはり体力や得手不得手の問題で、ここは男性に任せた方がいいだろうという場面やここは女性の優しさでやってくれた方が嬉しいな、という面があるので平等=同じ人数とかではないです。
しかし同時にやりたい、という願望がある人を性別故に最初からオミットするのは間違っているとも思います。

また、体力の面などと関係のない議員などは少なくとも男女半々になるような状態が理想でしょう。
ここにきて安倍政権の女性官僚がターゲットにされて辞職を余儀なくされましたが、これは女性だからやったとか、女性ゆえの失態ではなく、安倍政権が女性官僚を目玉として発表したので標的が女性になっただけの事でしょう。同じようなことをしている男性議員だってたくさんいると思いますし、これを受けてだから女性はダメだという発言があればそれは笑止です。

いらんところにお金を使う。もっと住みよい街にできないの? 子育てしずらいよね。
そんな言葉を我が街でも聞きます。
それは子育てに関わらない男性議員が圧倒的に多く、家事・家計と離れているところでの考えで物事を決めているからでしょう。
そういう街が世の中から取り残されている、21世紀の夜の動きはそうではない、という事を有権者も理解しなければならないでしょう。

僕らは中国や北朝鮮のような1党独裁の国家は何か住みにくそうだと国際的な発想で思っています。
イスラム国やインドでの女性蔑視の行動に時代遅れの野蛮な感じさえ受けます。

それと同じように欧米を中心に先進国の人たちは、日本人はおもてなし・優しさは持ち合わせているけれど、政治力はないよね、国民を大事にしていないよね、と言っている訳ですから、その現状をしっかり見つめて誰に政治を託すかを決めていきたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター