密書ん・ファンポッシブル(1)

ボスからの密書んを遂行するため、11日(日)19時小田原を立った僕ら3人は、箱根を超えて1号線をトコトコと道の駅・掛川をめざします。ここに道の駅は、関西に行くときには下道で行くとちょうどP泊に適した時間に到着できる場所で重宝をしています。それに加えてアルコールも販売している24時間店のCVSが施設としてあるのでそれも便利。
しかし、夏のP泊には高度がないので非常に暑いのが難。それでものんびりさせて頂きました。いつもながら感謝。

翌12日。8時に出発。
静岡はバイパスが完備されているので、高速道路に乗らなくても距離が稼げるのがいい。磐田・浜松・潮見バイパスを通り、三河八橋の無量寿寺に向かいます。
途中、道の駅藤川宿の前を通ったので急停車、トイレ休憩。

20130812-01
うむ、どうやって洗浄するのか? 銀触媒? 人力??

最近の道の駅は、地元の野菜スーパー化してしまい、どこも同じ品揃えで面白くないですが、ここはきちんと観光にも力を入れていましたので好感が持てます。

20130812-02

とは言っても結局は買い物という目の前の日銭が資本社会のベースですから、僕らも一宿一飯ならぬ一トイレの恩義として桃を購入。

20130812-03

さて、三河八橋の無量寿寺。
世俗を嫌い、東国で隠遁生活を送ろうと、友人と京の都を立った人は、この三河八橋の地を通りかかります。
湿地帯だったこの地は小川が幾重にも四方に広がり、そこには八橋が掛けられていた場所だそうです。その沢のほとりの木蔭に馬から降りて座って、2人は乾飯を食べます。その沢に、かきつばたがとてもきれいに咲いています。

B12-13

それを見てある人が、「かきつばたという五文字を各句の頭に置いて、旅の心情を詠みなさい」と言ったので、主人公は
 唐衣 きつゝ馴にし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ
 着て馴れ親しんだような妻が都に居るものだからはるばるとこんなに遠くまで来てしまった旅を悲しく思うのです
と歌うと、京の都や妻の事が急に懐かしくなり、二人はハラハラと泣いて乾飯がふやけてしまった、という伊勢物語9段の話です。
昨日、友人のおたみさんからこの場所が今もあることを聞いたので行ってみました。

20130812-04

20130812-05

伊勢物語は日本の文学の中でも評価されている文学ですが、その描かれた場所が草ぼうぼうの行けというのは少し残念です。というか、多くの市民が関心があり、出向いていれば草もなくなるのでしょうから、それは管理のお寺の問題ではないでしょう。

さて刈谷のファミレスでお昼を食べ、東海市のT-tecをめざします。
到着すれば、高野社長ともう一人の従業員さんがスタンバイしてくださっており、1時間もすれば出発と踏んでいましたが、2つのバッテリーをつなぐケーブル端子が金属劣化を起こしていたのか、端子が折れていてケーブルが焦げていることが判明。
ところが既にお盆に入り、カーグッズの量販店ではこうしたトラック(24V)の専門グッズは置いていないようで、社長自らが部品を作ってくださいました。

20130812-06

暑い中、13時過ぎから17時近くまで、まったく儲からない仕事にも拘らず本当にありがとうございました。
おかげでこの後無事に楽しいキャラバンができました。

お世話になったから言う訳ではありませんが、キャンピングカーは小さなボディーに家財道具をすべて背負っているようなもので、どうしてもぎゅうぎゅう詰めです。同時に、今日日の日常の生活は、電気に依存する部分が大きく、ソーラーパネルやイモビライザーなど停車中の車も電気を使っているのでバッテリー液も減りが早いです。
が、駅の注入はぎゅうぎゅう詰めなのでとても難しい…。
そうした時にこのらくちん給水は、ペットボトルにバッテリー液を入れて立っているだけで、サイフォン原理と弁とのコラボで適量のバッテリー液が注入できます。

T-tecからWebSiteをご覧ください。

夕方になりました。先を急ぎましょう。今晩はまず美並にある長良川鉄道のみなみ子宝の湯でさっぱりとし、道の駅美並でP泊の予定です。
橘JCTでナビの案内がぐちゃぐちゃになりながらも19:40無事子宝の湯到着。

20130812-07

露天と内風呂、そして4,5人で満席になるようなサウナというつくり。長良川鉄道は1時間に1本程度なので、圧倒的に車のお客さんが多いように思われます。
が、

20130812-08

電車の時間を知らせる警報機も施設内にあるので、時間までゆったりとおふろを楽しめる、という施設を楽しみにしているお客さんも多いように思います。
2006年に日光から草木子をキャラバンしましたが、その際渡良瀬鉄道の水沼駅でもお風呂に入りましたので、駅風呂は今回が2湯目です。
このままここの駐車場ででもいいかな、と思いましたが、夜間は施錠をするとのことで、道の駅に移動です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター