FC2ブログ

事件を次に生かす

昨日の説教を聞き、家族というものを考えさせられ、そしてインターネットニュースを読み、また考えさせられました。

だって、結愛ちゃんの名前って、どう考えても愛情しかない名前ですよね。この子に幸せになってほしいと願って産んだはずなんです。
我が子を虐待しそうになる気持ちを、私は理解できません。けれども、それは私が保育園に運良く預けることができ、そしてツーオペ(夫婦で)で子育てできているからで、そうじゃなかったら私も虐待しそうな状況になっているかもしれません。

BuzzFeed Japan 6/10(日) 19:48 より抜粋

母親はぜったいこの子の誕生の時、感涙を流し喜び、将来の幸せを願ったと思います。この推測はおおむね間違っていないと思っております。
でも、義父の暴力を傍観していたとの報道もあります。「自分の立場が危うくなると思った」という言葉の真意はつかみきれませんが、多分そこには離婚後の困窮の生活があり、もう戻りたくないという切実が願望があったのかもしれません。
乳幼児を抱えてどんな生活をしていたのかわかりませんし、1年間に22万組が離婚していると言われる中同じように乳幼児を抱えて頑張るお母さんもいますから、ただそれだけで我が子を殺した人に同情するつもりもありません。

でも、もしかしたら、そんな簡単に我が子を殺してしまうくらいなら結婚しなければいいじゃないか、とか無責任だ、という発言があるとするのなら、なにかそれは違うような気がします。
国は、人口減少問題を国難としてとらえ政策を打ち立てています。

その裏でのこうした事件は、やはり政策としてチープだったと思わざるを得ないのです。
幼子を抱えて離婚した時にどういう政策で支えてあげられたのか?
それは再婚という選択肢の前に前提条件が何だったのか? 将来を新しいパートナーとしっかり考える余裕のある生活ができる余裕があったのかどうか?
そしてそれがないのだとしたら、国民の幸福度調査などのレポートなどとあわせて安心して笑顔で過ごせ打街づくり、家庭づくりをきちんとサポートできる政策を作ってほしいですね。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター