FC2ブログ

イエスその御名は

2018年5月6日、松田聖契キリスト教会に与えられたみ言葉は、ヨハネの手紙Ⅰ 4章1-11節。表記のタイトルの説教を清水靖牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったこと、話を咀嚼し想像したことを含めて綴ってみます。(なお、新改訳聖書を持ち合わせておりませんので、下記聖書箇所は新共同訳聖書に基づきます。また、公式のメッセージについてはこちらをご覧頂きたいと思います。)

神はわたしたちに、御自分の霊を分け与えてくださいました。このことから、わたしたちが神の内にとどまり、神もわたしたちの内にとどまってくださることが分かります。わたしたちはまた、御父が御子を世の救い主として遣わされたことを見、またそのことを証ししています。イエスが神の子であることを公に言い表す人はだれでも、神がその人の内にとどまってくださり、その人も神の内にとどまります。わたしたちは、わたしたちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。こうして、愛がわたしたちの内に全うされているので、裁きの日に確信を持つことができます。この世でわたしたちも、イエスのようであるからです。
愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します。なぜなら、恐れは罰を伴い、恐れる者には愛が全うされていないからです。わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。
「神を愛している」と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。


不遜ながら『神』と言う言葉は手垢がついた言葉かもしれません。
(*手垢がついた:すでに多く使用され陳腐化しているさまなどを意味する表現。)
先週も記しましたが、どうしても擬人化した白髭で杖を持ったおじいさんのように、人間に神を似せて考えてしまう故に、矛盾する側面が生じてしまうと思うのです。
怪しく眉唾ものとして感じてしまい、宗教は胡散臭いと言われてしまうのだと思います。
人の延長では神をとらえることはできないと思うのです。だからあまり擬人化をしすぎる解釈は僕は好きじゃあないです(笑)

例えば今日の箇所も、神の霊を『考え』に置き換えると、僕らが日々すべての事をしていることにつながります。
何をするにも考えて判断をする、これはクリスチャンであろうがブッディストであろうが宗教を信じない人たちであろうがそうやって生きています。
命令形ロボットのようにすべての事を「ゴシュジンサマ、ナニヲシマスカ?」と尋ね、言われたことだけのみをする人はまずいないと思います。

考えて行動を起こす。
今日の箇所の最初は、神を知るために神(聖霊)と私たちは一体になると書かれています。自分で考えて行動を起こしているようですが、そうではなく、聖霊の働きが導いてくれていることは否めない、と言う考え方。これをクリスチャンは信じているわけです。
自分でしているようだけれど、神の導きがある。つまりは、行動のベースは自分ではない、謙虚になりなさい。
そして一つ一つの行動が、神の導きであるかどうか吟味しなさい=つまりは祈りなさい、というものです。

何か成功した、やったぁ!と喜ぶ時、何かしくじった、アーアと凹む時、すべてそこに神の意志が働いているのなら、その成功も失敗もすべて理由がある訳です。

連れ合いが15年ほど前にがんになりました。ご存知の通りがんと言う病は異形化して淘汰されなければいけない細胞が、間違って増え続ける病気です。ですからどんながんも最初は1個の細胞からなります。細胞分裂によって1個が2個に、2個が4個に、4個が8個になり、機械の分析や触手で解るようになるのは数年から5年経ってからです。
様々なきっかけがありますが、大きなストレスがあった、と言うのはがんになるファクターの中でも大きなものです。
がんになった時5年前を思い出すと、その時大きな生活の変化があったりしますが、それは前述の喜怒哀楽の時神の意志が働いていることを思い出す時、というのとリンクします。
その時理由は明確じゃないのかもしれません。
でもアクションがあった訳で、それを分析するのは、明日かも知れないし、数年先かも知れないし、死の床に臥せてからかもしれません。


神は最後に目に見えない自分を理解し愛するためには隣人を愛せよ、と言います。全ての行動は神の導きで行われていること。一つ一つに感謝の心をもって、そしてしくじった時でも、そのしくじりの悲しさ辛さを神が共に担ってくれることをも喜んで隣人と共に生きることができればと思います。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
FC2カウンター