FC2ブログ

#群馬わず (Ω)

GWなのか立地条件か道の駅こもちはP泊もしくは夜間の休憩の車で一杯。
早めの出発がこのあとの行動をしやすくさせると直ちに伊香保へ向かってGo! 
30分弱、まだ市営駐車場は3分入りの状態。石段下にInn。さぁ、撮影がてらお風呂に行こう(^_^)/

20180503-20

石段の湯は9時からなので、あと30分あります。上まで登ろうという4人にF田姉はここで待つと言われるので荷物を預かってもらいます。
大勢のガーコ隊長に見送られて370段ほど登ります。

20180503-21

歴史のある温泉街は、レトロな美しさ。同行の3人も楽しみながらの散策です。

20180503-22

石段くん。ゆるきゃらなのでしょうか、温泉まんじゅうが風呂桶をかぶっています。結構このキャラ好きかも(笑)

20180503-23

頂上の神社往復し、公共の湯「石段の湯」に。さぁお風呂へ入ろう。
脱衣籠は豊富。脱衣所と風呂との間に財布やカメラ程度を入れられる小さなコインロッカー(この大きさでは洋服は入りませんので、脱いでから貴重品を入れて、それから風呂に行くという作法)
さほど大きくない内風呂1つと10弱のカラン。褐色のかけ流し?の温泉です。午前9時過ぎですが、湯船には15人ほどで一杯。のんびりと、と言う感じではなかったですが、いい湯でした。

そばの徳富蘆花記念館に行きます。

20180503-24

熊本バンドが新島襄を頼って同志社に行く、その中のメンバーに徳富蘇峰、蘆花兄弟がいます。兄に委縮し、兄はホトトギスで大成した弟に嫉妬した関係も、死の床についた濾過からの電報を受け取った蘇峰の伊香保詣でで和解の最期の時、とあります。
また、ホトトギスの出筆後、トルストイに晴耕雨読の生活を進められ杉並後に広大な土地を購入し農民としての生活をはじめ、その土地が今の芦花公園であることや、あの当時聖地旅行をした話など興味深い話が展示されていました。

20180503-25

20180503-26

最後の時過ごした旅館の離れ。

20180503-27

庭にはツツジとその後方の新緑。彼もこうした美しい自然を見に遠い伊香保まで来たのでしょうか?
お恥ずかしながら一冊も読んだことのない徳富蘆花。ちょっと興味を覚えました。

さて、お昼です。昼食は、日本三大うどんの一つ水沢うどんを頂きましょう。

20180503-28

一緒に頼んだ石段コーヒー、お饅頭付きで200円。いや意外と(失礼)美味しかったです。

20180503-29

この後高速を飛ばして東松山の丸木美術館へ。
H田姉のたって(?)の場所。皆関心の深い5人なのでゆっくり見ることができました。
裸婦裸童のオンパレードです。つまりは軍人はほぼいないのです。それがこの苦しみを受けたやるせなさ・・・。たとえようのない絵が20枚ほどありました。
ここの説明は言葉じゃあできませんので、是非一度足を運んで自分で見てください。

さて、もう一泊して川越を探索しようと思いましたが、GWのお祭り。町中の駐車場はないのであきらめて4日の夜中に帰宅。
今年もお交わりを深めることができ感謝でした。

#群馬わず (3)

岩宿遺跡は、縄文以前の時代は現日本列島には人が住んでいなかったという学説を覆した一市民の相沢忠洋さんが、関東ローム層の中から黒曜石の矢じりを発見したところ。
シュリーマンがトロイの遺跡を発見したように、信念を持っての調査で石器時代の遺跡を発見した場所はやはりロマンを感じます。
浅間、榛名、赤城と言った噴火を繰り返した山のふもとの邨(むら) 石器を使い始めた頃はどんな生活だったのでしょうか?
ナウマンゾウや大ヘラジカ・・・・。行く直前に、ナショナルジオグラフィックか何かで、大ナマケモノの後ろをつけて行ったヒトが襲い掛かって獲物として仕留めた痕跡が土中から出てきたという話がありますが、噴火の中でそうした戦いが繰り広げられたのかも知れません。
土の色や礫の大きさで地層を分析し、多くの調査事実とあわせて過去を思い描く。相沢さんもそうした想像の世界から黒曜石を執念で見つけ出した一人なのでしょう。

少し離れたところに発掘跡があるとのこと。行ってみましょうか…。でもF田姉は少しお疲れ気味。聞けば近くにも駐車場があるとのことで車で移動。
無料の施設、映画の説明を見終わると同時に夕立。どしゃぶり。

20180503-16

調査個所は見ることは叶わずそのまま車に乗り込み、今日P泊をさせてもらう予定の榛名湖に向かいます。
この日に限りませんが最近はとみに強風の日が増えたと思います。N極とS極が反転する時期だとも言われていますが、そうした影響なのでしょうか?利根川を渡り渋川に入るころには車があおられる風。高速ではよくあることですが一般道でここまで強いのは珍しいです。

伊香保温泉への登り坂、そしてそれよりきつい榛名湖へのワインディングロードを走り、榛名湖へ。
しかし様子が想像と違います。
榛名山と湖のビジターセンターはクローズド。周囲も開いているお店が一軒もない。1軒あるガソリンスタンドも耐風雨用のカバーをかけてしまっていますの意思表示。人の気配がないまま夕食を探しに湖を一周。

20180503-17

20180503-18

ホテルや温泉の食堂(宿泊者のみだそうでNG)には人がいるんですがね…。
あきらめて道の駅こもちに向かいます。

伊香保の温泉はまた明日入りに来ましょう。

20180503-19
 

#群馬わず (2)

ここは、ジョイフルホンダというDIYセンターの運営している英風のガーデン。
きれいで写真を撮るのも楽しい場所。

20180503-02

20180503-03

20180503-04

20180503-05

20180503-06

20180503-07

20180503-08

たぶん、こうした植物園(英国庭園)を見たおとーさんが帰りがけに『よーし、パパも庭いじりしちゃうぞ』と道具を買ってくれることを予想して作ったのかも知れません。
上記のような庭師さんの造形美。そして下記のような植物の持つ美しさ。

20180503-09

20180503-10

20180503-11

20180503-12

20180503-13

20180503-14

20180503-15

何時間居ても飽きません(笑)
とは言っても、写真を撮らない同行者もいますし、趣味の違いもあります。
数時間お付き合いいただいたし、お腹が減りました。そろそろ出ましょう。

近所にあったファミレスでチャチャットお昼を済ません、岩宿遺跡に足を進めます。

#群馬わず (1)

世の若者に言わせると、「きれい」だとか「かわいい」写真だけではだめで、タイトルも「映(ば)え」ないといけないらしい(笑)
わずと言う言葉知っていました?僕はさっき知ったばかりなのでさっそく使ってみました(爆)

F牧師のお連れ合いさんのHさんをお誘いしてのF母娘との合同キャラバン。予定が立たずにいたところ急にGWはみな予定がないという事で下調べも早々に出かけました。場所は群馬でいかがでしょう?と。
僕としては無計画でも安心しているのは、2011年にF母娘と一緒に行ったことがある地なので、地の利があるから。

今回はまずは足利フラワーパーク。2日仕事を終えたF娘が母娘で20時過ぎに来宅、久々のキャラバンスタート。
目的地は道の駅みかも。小田原厚木道路~圏央道へ。都内を走らずに済むので北関東へは案外と早く行けます。
車中では、前回の時はどこでP泊させてもらったっけ?との会話。足利フラワーパークの駐車場だったような、と言う話になりそのまま同園まで走ることにします。
天気予報通り雨。でも明日は回復との予報。果たして回復の時間は?心配はそこ。
メインゲート横の駐車場は数台の先客。そのそばに止めさせてもらって、明日の天気の回復を祈って就寝。

目が覚めると、傘をさす人ささない人半々。つまりは無くてもどうにかなる天候。写真を撮る身にとってはそこは一番大事なポイント。
どうにかなる!!さぁ準備して出発だ。 とバッテリーとデータカードを装・・・着・・・? あれ入れははずのカードがない。
カメラバッグも着替えなどを入れたカバンも全部ひっくり返すけれど「ない」
あれ、確かに入れたはずなのにボケたぜぃ(>_<) 足利フラワーパークは諦めよう、このあとどこかでカードを買おう。
それでも入口の園の方に一応は聞いてみる、「お土産屋にデジカメのカードは置いてないでしょね?」するとありますよ、との回答。でも置いてあるのはSDカードのみ。今回僕は5Dを持ってきたのでカードはCF。「CFはもう使われている人少ないですから」…確かに^_^;

この施設は、500-1800円と入園料が変動します。そしてこの日は1300円。GWなのに、フジの時期なのに・・・。雨が降っているからかなぁ??
今年は梅もサクラも開花が早く、行きたかった富士吉田市の新倉山浅間公園も桜まつりの1週間前に散ってしまったほど。
そして足利フラワーパークのフジもご同様に既に散った後でした。キバナフジはきれいでしたが・・・。
カメラがあっても写真は撮れなかったと自分に言い聞かせて次なる地へ出発です。

京都のF田さんの出席教会から赴任なされた牧師が群馬県太田市にいると言われ、サプライズ訪問。
が、ご不在。
続いて、僕のミッション。そうカメラのキタムラ探し。3km弱に太田店発見! 伺ってみると、こちらのお店にはもうCFカード売っていないとのこと。しかも近隣他店にも照会してくれましたが、そちらにも無し。
もしかしたら量販店さんにはあるかもしれません、としきりに謝りながらお教えくださいました。いやいやこちらこそいいアドヴァイスをありがとうございます。自社や自グループ会社の利益ではなく、お客さまの利益になる情報を優先してくれることはとてもうれしいこと、カメラのキタムラ太田店さんありがとうございました。
お近くのヤマダ電機に行かせてもらい無事Get。

20180503-01

実はヤマダ電機にもCFカードはありませんでしたが、SD→CFのアダプターがありましたので、これとSDカードを購入。これで今後CFカードが無くなっても大丈夫です(^_^)/

さぁこれで次目的地のアンディ&ウィリアムスボタニカルガーデンでは思いっきり写真が撮れます。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター