くまもん頑張るもん熊本訪問記(Ω)

卓ちゃん@福岡とシュンさん&ひろぽんさんがレンタカーを借りて迎えに来てくれました。
RFLを終えて帰宅した方、別用に向かった方もいて、オフ会観光は上記3名以外は、ブイちゃん、イサム&ミーさん、えっちゃ&Takeの5人。合計8人ならばレンタカー1台の方がワイワイできて楽しいよね、と言うご判断は大当たり。
終止笑い声の絶えない観光となりました。

今日の最初の目的地はこちらも長年僕が行きたがっていた長部田海床路(ながべたかいしょうろ)。
有明の潮の満ち引きが大きい海ならではの名所です。
くまもん頑張るもん熊本訪問記(3)に記したように景行天皇が自ら熊襲征伐にやってきた場所と合わせて考えれば、この潮の満ち引きの大きい干潟は昔から食料の宝庫だったのでしょう。故にこの湾一体はもしかしたら吉野ヶ里の勢力と筑後川を挟んで拮抗する大きな国家だったのかもしれません。手塚治虫氏も「火の鳥」の中で、熊襲を勇猛果敢な部族として描いていますしね。

有明湾が見えてくればまもなく。突然に車内から歓声

20161015-70

20161015-71

そう、この海の中を延々と何百メートルも続く電信柱が見たかったのです。
今日は9時30分満潮の大潮。10時15分に到着!!見事に道路は海の中。
四国に沈下橋は多けれども、1日1回は必ず沈むことはありません。
そういった意味ではやはりすごい場所だと僕は思いますが、地の人は「ふ~ん、当たり前だと思っていた」って(笑)
美人の顔は3日見ると飽きると言いますが景色もそうなんでしょう。

20161015-72
波打ち際にはムツゴロウ。卓ちゃんに教わるまでは気が付かなかった。

さて、続いては2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」と言うタイトルで世界遺産になった中の一つ三角西港。
ここは昨日Blogに記した通りの場所
この有明や福岡を囲む一帯が明治から昭和初期の日本の経済を支えた場所であることはよくよく知られていることで、NHKの朝ドラの「朝が来た」しかり、五木寛之の「青春の門」然り、物語の舞台にもなっています。
そんな石炭は、口之津港から運び出されていたのを効率を考えこの三角に港を築いたのがこの地が世界遺産になった由来。

20161015-73

20161015-74

20161015-75

20161015-76

岩波文庫の挿絵に当時の三角港が載っていますが当時の面影は今も残っていました。という事は、100年近くも自然の風化に耐えたということになります。技術の高さに驚かされます。

20161015-86

20161015-77

海岸で遊び、浦島屋の前から海を臨み、ラフガディオハーンになったつもりで海岸で遊ぶ乙姫様たちを臨みます。

20161015-80

20161015-78

20161015-79

港に隣接する喫茶店でコーヒタイム。
優雅な時間。

そして半島をぐるっとまわり不知火でお昼を食べて
不知火はデコピンデコポン発祥の土地。
お約束の「一人デコピン」の写真を撮って
20161015-82

20161015-83

さて空港へ。
楽しい時間はあっという間なんて陳腐な言葉、でもまったくその通りで、後ろ髪をひかれながら帰ってきました。
RFLの会場であった皆さん、そしてオフ会をご一緒してくれたみなさん、本当に楽しい時間をありがとう。
特にしゅんさん&ひろぽんさん、そして卓ちゃん、ありがとうございました\(^o^)/

空港ではflash mob

20161015-84

そしてそのメンバーは同じ飛行機に!

20161015-85

「楽器を持った方の優先搭乗となります」の声に、飛行機の1/3はこのメンバー?と言うくらいいろいろな楽器を持ってわさわさ飛行機に乗り込みました(笑)

くまもん頑張るもん熊本訪問記(4)

札幌、函館、都内下町、富山、豊橋、福井、京都、岡山、広島、長崎、熊本、鹿児島、そして鎌倉。これらは路面電車が走っている町ですが、みな「るるぶ」が売れそうな町です(笑)
路面電車を残せる文化があるからその町が楽しいのか、路面電車は旅心をくすぐります。
でも確かなことは、効率や経済だけで言えば路面電車は非効率で流通と言う経済活動を阻害するものなのかもしれませんが、車を排除し弱者にやさしい街づくりと言うコンセプトのもと残っているのなら、地方行政や経済界の心意気が文化として残っており、それが旅心を誘う要因の一つにはなっていると思います。

16日の午後は市電1日乗車券を買い、路面電車を堪能しました。
レトロな木造の床板、昭和初期を髣髴させる呼び鈴(停車を依頼するブザー)などやはり楽しい。

20161015-50

20161015-51

20161015-52

そしてA路線とB路線の停車場所を前後に工夫をしている姿を知ればそんな些細な事にもいちいち驚嘆します。

同時に歴史の変貌、ヨーロッパのトレムのような低床の最新のスタイルに心を奪われたりします。

20161015-54

20161015-53


僕らはこれに乗り洗馬橋まで行きます。洗馬橋停車場より辛島の繁華街方面は併用軌道つまり道路を車などとともに走るのですが、ここから反対方面1駅の新町までは専用軌道、つまりは鉄道のみ、砂利の上に枕木が敷いてありその上に線路があるという区間。日本でも珍しい駅です。

20161015-61
UPすると・・・

20161015-62

そしてタヌキのモニュメントと発車のメロディが「あんたがたどこさ」であることでお分かりの通りこの童謡の発祥の地と言われています。
この童謡発祥の地論には異論こともあり、来たかったのですが、さてこの都心の平地のど真ん中、いくらこの歌が作られた時代と違うとはいえ、タヌキが住めそうな山は無かったですね。

20161015-63

僕らはここから熊本駅に向かいそこでタクシーを拾い花岡山を目指します。ここも「熊本に行ったら行ってみたい」と事前にチェックした場所。
当初駅から歩こうと思っていましたけれど、乗ったタクシーの運転手さんに一笑にふされてしまうほどの急坂を延々と。タクシーに乗ってよかったです。
毎年1月末この「熊本バンド奉教之碑前」前で早朝祈祷会が開催されるとあり、礼拝ができるようにコンクリートの椅子がありました。僕らが昨日からRFLを実施していた白川公園の対面にある草葉町教会のメンバーが定期的に掃除をしに来ているので、夏の終わりなのにさほど草で荒れてはいませんでした。
極寒の早朝、ここで多くの若者が信仰を誓いあい京の同志社にあるいは他の宣教の場所に向かって行ったのでしょう。

20161015-59

20161015-58

20161015-60

運転手のHさんは幸いこの早天祈祷に際して組合系(同志社系)の教会から集まる方の送迎をなさっているとのことで、お詳しくそしてとても親切な方でした。短時間の観光第一弾は楽しく終了。
さて夕方になりました。今日の観光はここまでにして仲間との懇親会の会場に向かいましょう。

くまもん頑張るもん熊本訪問記(3)

僕の勝手な史観ですが、邪馬台国はやはり九州だったと思っています。しかしその後いつの時代か、他王国とたもとを分かち東遷し、九州に残った王国を熊襲と呼び征服に踏み出したのだと思っています。
西暦250年ころ景行天皇が九州征伐に出向き、三角半島の御越来海岸の美しさに感動をした記載がありますから、既にそのころは隣国のよしみもへったくれもないほどの関係だったのでしょう。
マザーテレサは言います。「愛の反対は憎しみではなく無関心」と言いますが、過去の隣国の意識が無い無関心な遠方の国家になってしまったのでしょう。
一番の勢力と縁もゆかりもなくなった熊襲は独自の文化を遂げ始めます。それは権力へのプロテストなのかもしれません。

なんていうバックボーンがあるかないかはわかりませんが、独特のおいしいもの沢山ありました。

20161015-41
ヤリイカ

20161015-42
馬刺し

20161015-43
辛子レンコンと米焼酎「川辺」

20161015-44
一文字グルグル

20161015-45
ちくわサラダ

20161015-46
カワハギ

こうした山海珍味を、15日は五郎八大衆酒場水戸黄門、そして16日は居酒屋8号で仲間とともに楽しみました。

「しい」の掛け算です。楽しい×美味しい=相乗効果でとても満足!!

帰りに空港で辛子レンコンを求めました。
するとしゅんさんが、「食べ比べてみて」ともう1本

20161015-47

左のクマモンの方がレンコンのシャキシャキ感があり、辛子がからかったです。
今暫く熊本の味を楽しみながら思い出にふけりたいです。

ハーンのみた夢 - RFL熊本後のオフ会を待ちわびる -

白昼夢と言う言葉は何か神秘的な香りを醸し出しているような気がします。
体験なのか想像の産物なのか、突き詰めれば自分は現実なのか幻なのか…。
それは五感の中で視覚ほど危ういものが無いという点からも想像が容易いです。
今見たものが本当に見たのか、夢の中なのか・・・。

僕らが知っている「浦島太郎」のお話。子どもたちにいじめられたカメを助ける導入部は、神奈川県の三浦地方に伝わるお話。それより先の8世紀の日本書紀には、浦島太郎が釣り上げたカメを逃がしてあげる所から始まります。導入こそ違えども、時間の進み方の違う楽園に連れて行かれながらもふるさと恋しさに戻った主人公が戻った先で悲しい最期を迎えるのは浦島太郎のお話。
そんな話をラフガディオ・ハーン氏は聞いたのです。その話は父親の生まれたアイルランド神話の『ティル・ナ・ノーグへ行ったオーシン(Tir na nog)』そっくりでした。
船で何カ月、地球の裏側の極東のちっぽけな島国。そんなところで幼い時にベッドの中で父から聞いた話をきいている?それは、デ・ジャヴー…白昼夢…。
知らない国にきて不安の中、優しさに触れ、この国が好きになってきた。そんな時に故郷の話を聞けば浦島太郎じゃありませんが何カ月も離れた場所にいるとは思えず故郷へワープしてしまいます。

海を見ながら長崎から熊本に帰る最中のハーンは猛暑の中ひと時の涼を取るために三角西港にある宿に足を踏み入れます。
そこには鯛や平目の化身のような器量が良くて気の効く女中さんとこの世のものとも思えない美しい女将がいました。
あの猛暑が嘘のように浴衣の姿が心地いいです。
「熊本ヘ帰リマスデス。コノ、ホテルノ名ハ何トイイマスカ? キット覚エテオクデス。」
「お部屋はたいしたものじゃございませんし、それに女中たちもよく躾けられてはおりませんが。浦島屋と申します。それでは、お車を呼ばせましょう。」

浦島屋・・・それではここは竜宮なのか?白昼夢なのか?夢か現実か?暑さでおかしくなったのか?
ふっと我に返れば「クルマ」の上でウトウトしていたらしい。先ほどの浦島屋は本当に見たものなのか、玉手箱の中だけのものか…。
そんな印象深い旅の思い出を書いたのが、ラフガディオ・ハーン氏の「夏の日の夢」

20161006-01

浦島屋は2015年に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産登録が決定した三角西港のシンボル的な建物だ。
その場所にRFLの仲間が連れて行ってくれるという。
楽しみと言わずしてなんと言おう。

RFL川越&10年アニバーサリー同窓会オフ(Ω)

1泊2日のRFLが終わり、Lennonさん、Mocaさんご夫妻、そしてKatsuyoさんと我ら二人で富士山の麓でもう1泊。
須走口の東口本宮冨士浅間神社の門前街道にあるこの民宿は富士山へ上る先達さんのお宿だったように見えました。
宿は普通の民宿。部屋には寝間着やアメニティグッズ何もついていません。が、共同の水道にもコップがないので歯を磨くのが大変でした。
宿には奥様が経営している焼き肉屋さんが隣接しており、外に出ることなく店に行けるのはありがたいです。で、この焼肉屋さんが最高\(^o^)/
抜け目ないおかみさんが、ビールの数間違えたと、スナックのママさんのようにお客におねだりした1杯を含んで5人で13000円。これで食べきれないほどのお肉で、またうまい\(^o^)/
満足した夜を過ごしました。

お仲間のヒデさんとミミさんが午後からなら時間が取れるとのことで、Mocaさんご希望の富士サファリパーク前で待ち合わせることにして午前中は「うどん県」からお越しのお二人に関東の吉田うどんを食べて頂こうと道の駅富士吉田に向かいます。

20150921-01

評価はまずまず\(^o^)/
で、道の駅にある富士山ドームレーダーを見に行きます。

20150921-02

20150921-03

空は青く晴れて最高\(^o^)/

20150921-04

山頂の気温を体験したりして、さて富士サファリパークに向かいましょう。
35kmナビは約50分と示しています。
が・・・
が・・・・
が・・・・・
仁杉までの138号線も混んでいましたが、右折した469号線はもっと混み、大野路のサークルKを曲がったら全く動かなくなり、結局3時間ほどかかりました(T_T)/~~~
それでも東名高速が大渋滞で、そこを通ってくるヒデさん・ミミさんより1時間ほど早くつきました。
園内だってチケットを買うのに長蛇の列。
ヘロヘロになりながら、二人が来るのをふれあい動物園で待ちます。

20150921-05

20150921-06

ポニーの競馬。子ども騙しだと思ったら結構みんな必死。お馬の走りはかっこいいよね。

20150921-07

20150921-08

カンガルーの親子。子どもカンガルーが袋から顔を出したらサァ~と人が引いて行った(爆)

20150921-09

ライオンの子ども

20150921-10

そんなこんな楽しんでいたらMocaさんのLINEがお二人の到着を告げます。
さて、サファリの部分に行くことにしましょう\(^o^)/

20150921-11

20150921-12

20150921-13

20150921-14

20150921-15

自家用車で行くと他人の目を気にすることないから大人だけでも大はしゃぎできます。
これが結構楽しい。

20150921-16

んな訳で大はしゃぎして2時間かけて一周です。終わった頃は真っ暗(笑)
裾野ICからの東名も大渋滞。トロトロ走って足柄SAまで。
SA内も大混雑。んなもんで、弁当を買って車内で最後の晩餐。小田原わっぱやだって・・・、よくよく見たら椎野食品さん。
おいしかったです。

2泊3日のRFL&オフ会こうして終わりを告げました。
次回はまたどこかのRFLにかこつけて出かけますからまた遊んでくださいね(^_^)/

RFL川越&10年アニバーサリー同窓会オフ(2)

がん患者に限らず夜に悶々となり寝付けない人は少なからずいると思います。かく言う僕でも寝付けない時はあります。
しかし、その度合いはやはり健康なものに比べてがんの方方が高いでしょう。そしてその寝れない理由は病と戦っているのは自分だけという孤独な思いがあるのかもしれません。
RFL(リレーフォーライフ)は1985年アメリカのゴルディー・クラット医師が夜悶々としている患者さんを見て、一人で戦っていないよ、と励ますつもりで患者さんから見えるグランドを走り始めたことによります。つまり夜が本番ですが、戦っている最中のサバイバーさんも僕らのような高齢者(笑)も、そのイヴェントで体を壊しては何もなりません。
という事で、最近は僕らは夜間はしっかり睡眠をとること。そして、そう何度もお会いできない全国の仲間とお交わりすることも、実は夜を通して歩くのと同じくらい大事なことです。
ですので、がんでもいいじゃん♪はRFLにおいてオフ会は大切なイヴェントです\(^o^)/

ホテル三光さんは、ホテルとスーパー銭湯、そして宴会場がすべてそろっている施設で、しかもRFL会場の川越水上公園まで無料送迎してくれるそうです。料金も1泊朝食付き+飲み放題宴会+風呂自由で13000円弱。
値段程度のレベルかと思いましたが、お風呂はきれいだし、従業員の態度は良いし、満足です\(^o^)/

ただ街中のリラクゼーションホテルなので圧倒的にシングルルームが多く、みんなシングル。

20150919-24

そして普通はホテルでは部屋内や廊下はスリッパですが、風呂直結という事でスリッパはなく靴下のプレゼント。

20150919-25

で、宴会場。

20150919-21

20150919-22

20150919-23

で、何を話したかはよく覚えていません(爆) でも、みんな腹の底から笑い免疫力をUPUPしてRFL川越&10年アンバーサリー同窓会オフを後にしました。
我が家は今年のRFLは残念ながらこれで打ち止め。来年はどこで皆さんとお会いできるでしょうか?
お会いできた時はよろしくです(^_^)/

9月のRFLの予定

San JoseのRFLに行った際に泊まったホテルから、予約金らしき金額も引き落とされ、もちろん宿泊代も引き落とされていたので、そのクレームをSan Joseのホテルの方にしたもののなしのつぶて。
日本グローバルセールスの方で対応をしてくれていますが、それでも2週間に1度「本社と調査中です」の連絡のみ。
Takeトラブルサービスの名前の通りトラブルが解消できません(笑)

そんな中、秋に「がんでもいいじゃん♪」の同窓会を開催しようと川越のホテルを予約したところ、こちらもなしのつぶて。
ヲィヲィ…と電話をしたらそんなメール見ていないとのこと。
なんだかなぁ~最近ホテルへのメールが怖くて仕方ありません(苦笑)
でも何とか電話で宿と宴会の予約ができました。
初回のつくば、2回目の芦屋でご一緒なされた方で最近ご無沙汰の方にメールを送りましたが、同窓会に参加される方は今でもRFLに熱心な方ばかりです。

RFL川越と同窓会を終えた後は遠方の仲間と撮影旅行!!
こちらの宿はすぐに予約がとれました(^_^)/
どこで撮影をするかは

20150807-01

宿でこれを見ながら翌日のスケジュールは決めましょう(^_^)/

RFL三浦半島(横須賀) おまけ(オフ会編)

一寸前なら憶えちゃいるが 一日前だとチトわからねエなあ
アンチョビ乗っていない店だって・・・ここにゃ沢山あるからねエ
ワルイなあ~他をあたってくれよ
アンタ 黄色は何んなのさ!
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


20140928-15
20140928-16
(前夜祭:横浜ベイクォーター)
20140928-17

11時過ぎに通ったハズさ
どぶ板通り探しながら
誰が先頭歩くかって、そりゃもう大さわぎ
スマホがなけりゃ行けやしないよ
アンタ 黄色は何んなのさ!
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


20140928-25
(どぶ板通り)
20140928-18

カレーを食べに来た娘だね
店前待ちながらはしゃいでよお
カレーとブラジャー飲み干して
酔っぱらった暁に 騒ぎながら出て行った
どこへ行ったか知らねエなあ
アンタ 黄色は何んなのさ!
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


20140928-19
20140928-20
(横須賀海軍カレー)
20140928-21

横須賀好きだっていってたけど
夕飯食べれる場所みつからねぇのはかわいそう
あんまり何もない場所だけど
モールの中のデニーズへ
ここでもワイン飲みあかし 千鳥足でおさrばさ
アンタ 黄色は何んなのさ!
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


20140928-22

たった今まで坐っていたよ
あそこの隅のテーブルさ
三崎のマグロ盛り合わせ
見た目の器よりシャリ多し
店はいいけど 路地がだめ
河川のどぶ臭気にかかる
アンタ 黄色に惚れてるね
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


20140928-23
(三崎港・魚音)
20140928-24




歌手:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
原作詞:阿木燿子
 作曲:宇崎竜童
東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック/EMI Records Japan)

相馬を食べて福島を語る

RFL福島参加について決めなければいけないことがいくつかあります。
という事で20日の夕食を食べながら詳細を決めましょうとお声をかければ、RFL福島参加の関東組おたみさん&タイガース君、ヒデさん、ミミさんが集まってくれました。

20140721-02

福島の話をするには福島のうんまいもん食べながら、と相場が決まっていまして・・・。おんちゃまセットの残りを食べながら飲みながら・・・そして酔いながら・・・最近気が付いたんですが酔うと携帯は狂気(凶器)になります(笑) 共通の仲間にかけておしゃべりして、皆さんお騒がせしたのでおかげでこちらは楽しく過ごせました。

20140721-05

20140721-04

RFLが日本で歩き始めて約10年。多くの仲間と知り合い語り合いました。いい友達がたくさんできました。
この出会いは大切にしたいです。
という事で、今回は「がんでもいいじゃん♪」のチームではなく、福島県外の個人さんが共に歩く「福島応援隊」で歩きます。
そうすればまた多くの新しい仲間ができる。楽しみです。

さてこの日故ポッコさんの誕生日であり、数日前にはヒデさんのお誕生日。

20140721-01

20140721-03

遠いところ皆さんお越し下さってありがとうなっしー!!
また20日楽しく過ごすなっしー!!

20140721-06

あごらという名のオフ会(後篇)

あごらでのご奉仕、お疲れ様でした。
さて、オフ会タイムの始まりです。

20131123-21

美酒に合うものは美食。僕の定義する美食は、高いものとか上質のものとかではありません。何よりもいい仲間との食事こそが最高の食事と飲み物。
しかしてるるんさんが持ってきてくれたヘイヴンス メルロー・ナパヴァレー はうまかった(^_^)/
再来年行きたいと計画を始めたSan Joseのリレーフォーライフ。せっかく行くのだから、ナパバレーにも行きたいね、と願望と希望はどんどん膨らみます。

20131123-22

20131123-23

チーズフォンデュ―とチョコレートフォンデュー。
おたみ&タイガース君夫妻からは、鮒寿司。

20131123-24

所要で中座のてるるんさんに代わってEmiさん登場。

20131123-25

お土産に、塩辛や山海漬け、そして鮟肝。これが絶品。

20131123-26

20131123-27


翌日は、大人の遠足「真鶴編」

まずは三ッ石までの観光遊覧船。前回乗った時、黒潮走る相模灘をトビウオのように疾走するスリルが面白くて、みんなに味わいさせたくてチョイス。

20131123-28

20131123-29

でもべたなぎ。まったく揺れない。喜んでいいのか残念なのか・・・どこにでもあるような普通の観光船でした。

20131123-30

続いて少し早いですがTikiでお昼。ここは食事もさることながら、景色が「ごちそう」なお店です。絶景を楽しみながら地中海料理を堪能します。

20131123-31

20131123-33

お腹いっぱいになったところで、町立の中川一政美術館へ。在野派と称した近代油絵の大家。僕の頭の中には薔薇の画家、のイメージがありましたが、生涯で800点の薔薇を描いたそうです。

20131123-34

花は女性に例えられることが多いですが、氏の薔薇は力強い直線的な絵です。
隣接の旧サボテン公園跡地の施設内には、アトリエが再現されています。

20131123-35

アトリエの裏はゆるやかな坂道沿いにパークゴルフ。非常に格安な利用料金なので、大賑わい。
そしてその先からは海が見えます。

20131123-36

しかし本当に天気がいい。気持ちのいい2日間でした。

20131123-37

みなさん本当に「あごら」のお手伝いをありがとう!!
またご一緒しましょう!!
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター