3月23日のパトビラ(№971 - ファストフードと場末の飲み屋(2) -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

先週バイト先で給料もらうためには笑顔で接客と言われるからそうしているのだ、と言うのと同じ発想で市役所福祉課職員もいないでほしい、と言う話をさせてもらいました。実はこのように思っているのは今から2000年前にもいたのです。
神から与えられた律法(法)だけを守ればいい、と言う考え方はもうよそうよ。神が何でそんな律法(法)を作ったのか考えて、その意思に従うように生きようよ、と言ったのはキリスト教を始めたイエスです。神は金持ちとかユダヤ人とか心身が元気な人と言った特定の人だけを愛しているわけではない、だから誰もが神に愛されているのだから人間も皆隣人を愛そう、と言ったのです。
仕事は組織内ですることですから、何か決まりがなければだれにどう何を頼めばいいかわからなくなります。でも、その対応をするのが担当官です。その人となり、人間味が律法(法)によって疎外されたり、逆に律法(法)だけ守っていればいいやと言う発想で仕事をしているとすれば、どうしても相手が望むような結果にならないでしょう。
クリスチャンになれとかいうつもりはありませんが、どんな宗教をもっていようが、また信仰をもたない人であっても、社会の中での交流の基礎は「隣人を愛す」にあると思います。


野宿の方をクリスチャンにしたい故にこの活動をしている訳ではありませんが、ベースはこの世の中でLove&peaceで生きて頂きたいという自分の希望はそこここで伝えています。
それは野宿の仲間同士でもそうですし、行政との間もそうです。行政も権力に笠を着せてはいけないですが、相談する側も謙虚に行くことで、お互い相手を尊重できると思います。
この事は人が社会を築くことの基本であり、いつも僕らは頭の中に入れておかなければいけないことでしょう。

3月16日のパトビラ(№970 - ファストフードと場末の飲み屋 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

生活保護行政のあり方検討会の3回目が終わりました。困窮者・弱者と連帯する小田原市行政のあり方を有識者の方たちが指摘しながら進んでいます。
しかし問題はここからです。検討をし、提言を受けても一人一人自分たちは変わるんだ、と言う強い決意がなければ意味がありません。
例えばファストフードやチェーン店の居酒屋では、バイトの子が満面の笑顔で挨拶をしてくれますが、うがった言い方をすればそれはそうしろ、というマニュアルがあるからです。バイトの時給をもらうことが目的でその代りに笑顔のあいさつになります。
場末の居酒屋の初老の女将が口汚い言葉で「まったく安いつまみばかり頼みやがって」と言ってもそのお店が程よく流行っているのなら、そこには客との心の交流が出来ているからなんでしょう。お客がお店を信頼しているからでしょう。
市役所職員も笑顔で相談者に「お客様」と言うことを私たちは求めていません。今困窮しています、と言った時、親身に相談に乗ってくれてBestな回答を出してくれることを欲しています。
あとは国や県が困窮者の保護費をケチらないこと。そして市長においてはゆっくり相談に乗ってもらえる程度のマンパワーを保護下に提供してくれることです。


小田原市は変わろうという努力をしていると思います。
でも、それを後押しするのは、後者に記した福祉財源とマンパワーでしょう。
ゆっくりと相手の困窮に耳を傾け、そして自分の持っている地市域をフルに働かせて、相手にBestな進言をし、そして相手から『ありがとう、本当に助かったよ』と言ってもらえる関係を作ってあげたいです。
胸を張って自分の仕事に誇りの持てる職場にしてあげたいものです。
担当お一人お一人はそういう人ばかりですから…。

続きを読む

3月9日のパトビラ(№969 - 森川弁護士ビシッと指摘 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

ジャンパー事件を受けて生活保護行政のあり方検討会が開催されています。根底となった傷害事件について、検討委員の森川弁護士が、小田原市の対応についてビシッと指摘しました。
1. 野宿生活で保護を申請する時、居宅をNPOの無料低額宿泊所しか紹介しないのはおかしい
2. NPO無料低額宿泊所に6カ月以上入居するよう指導するのもおかしい
3. NPO無料低額宿泊所を拒否した場合、生活保護の申請相談を受け付けないのはおかしい
この3点は皆さんにとって大きな関心ごとだと思います。今まで小田原市は、相談に行けば無低を紹介し半年程度の生活実績をもって社会的な生活が可能と判断していました。その裏にはアパート入居後にすぐに失踪し、その敷金礼金を監査されて改善を求められたという側面もあったでしょうけれど、弁護士から法的に問題が指摘されそれについて反論しなかったことから、監査においても専門家からの違法とキチンと言えるようにする覚悟だと思っています。また、14日以内に保護の判断を出すことを30日まで引っ張っていることも問題視されました。迅速な決定がなされると思います。小田原市保護政策も大きく前進します。


小田原市職員は、根はいい人が多いと思います。今回の事件でそう感じました、上からの命令には「ド」が付くほど生真面目に対応しているのでしょう。
だから経済的にひっ迫していると言われれば板挟みでこの難局を乗り越えようとしたのだろうな、と思います。
多くの矛盾点がこの2回専門家の先生から出されました。僕も行政から説明を受けて、その説明が間違いだったという事も分かりました。その一つがこのトピックスです。

たぶん、僕に「まず無低!」を説明してくれた職員はウソを言おうとしてわけではないでしょう。本当に部長や課長から監査が通らないから、ダイレクトにアパート入居をさせないようにと言う指示があったのでしょう。
でも、それが法的におかしいのであれば、堂々と監査官と渡り合わなければいけないのです。
監査官も自分がクレームとつけることで法的に問題を起こさないように十分法律を読みこなしたうえで、そして「血の通った」という想像力と裁量権を以て臨んでほしいものです。

続きを読む

ジャンパー問題

昨日第三者による検討が始まり、それでまた大きなニュースになっている小田原の福祉。出席したものとして他の方のご意見はいかがなものか? と、関係ワードを入力しサーチ。するとちょっと面白い話にぶつかりました。
それは、 二宮町(西湘)にものもうす~問題点検証します、投稿してください!さまの1月17日のコメント。
名前をアンノーンとしていますし、メールアドレスなども記入していないので、まったくどういう方なのか? 文章から推測される市福祉関係者なのか? も分かりませんが、
多くの方がカチーンときたジャンパーの文字について誤解があるとの弁明。
、We are the justice,must be justiceは「我々は正義であり~」と訳されてしまっています。しかしながら、当時の私の想いとしては、「我々は公正であり~」
・・・つまり、公務員なんだよ、それを心せよ、というつもりだったということでしょう。もしそれならニュースを見聞きした人の印象はどうなのか?と思います。

ジャンパーに関しては問題点は2点。
1つは文字の内容。
もう1つは外出時に着たこと。
昨日の第三者検討会において、委員の方のお調べでは、当初は外出着ではなかった、と語られました。
だとしたら、1,2点とも大きく捻じ曲げられた情報で僕らは問題視してしまったかもしれません。

そうだとしたら検討すべきは10年もの間何故多くの市職員がこのジャンパーを着ていたにもかかわらず、誰も気づかなかったのか?注意をしなかったか?という点になるのではないかと思うのです。
行政は縦社会とか言いますが、その欠点が如実に表れてしまったこと。市長たちも大事に思っているはずの福祉の部署に出入りした時も、仲間として会話を交わすことが無かったのではないか?と思われる点です。

ただ、1つ気にかかるのは、このコメント投稿者の方は市福祉課の方のようです。なぜこの問題がニュースになった時釈明をしなかったのか?は気掛かりです。

続きを読む

生活保護行政のあり方検討会

すでに会場前の廊下には十人以上の方が待っており、その横で市の職員が受付名簿の記載を促しています。
あと15分ほどで『第1回生活保護行政のあり方検討会』の傍聴の抽選会が始まります。15人の傍聴者は結局倍余りの35名になったなったというものの議員も市民も市外からの方もみな一律抽選をしなければなりません。
が、結局定時には30余名だったためにくじを引くことなく入場。身動きが取れないほどに詰め込まれた中で、市役所企画課の神名部氏の司会で会が開始されました。
目の前にはTVクルーが5組、スチールが数名立っているので、第三者の有識者の先生方、市職員の様子はよく見えません。

加藤市長が一言挨拶をして、座長の井手先生にバトンタッチ。先生は慶応大経済学部教授です。
言いたいことはたくさんあるが、座長と言う立場に据えられて、個人の意見を言う時間が無いのが残念。一言だけ自分の意見を述べて開始したいと挨拶し、
この問題は「不正を取り締まらなければならない」と言う正義と「保護者のプライバシー・人権の保護」と言う正義のぶつかり合い。
ではだれが犠牲者なのか?ジャンパーを作る行動を起こした背景までメスを入れなければならないと語られました。
続いて森川清弁護士、猪飼周平一橋大教授、和久井みちるさんがあいさつを兼ねて問題点を語られましたが、まさにこの井手先生の挨拶の言葉を異語同音で語った感があります。

その後A4両面30枚近くの資料を生活支援課長が説明しました。
が、そこから浮かび上がってくるのも井手先生の挨拶を裏づけるような内容です。

今日は問題点の洗い出しで、今後あと3回みっちりとした検討会が開催されますが、庁内の空気と担当課の空気の温度差やケースワーカーの仕事への余裕づくり(人数増加)、そして保護の要求をYesを前提にすることが大事であることが解決策のようです。
そうだとすれば、生活保護費の費用は国の予算から出てきますから、どうやって国の政策が国民に優しくなるかと言う小田原市を離れた問題になるような気がします。

2回目以降が楽しみです。 

続きを読む

3月2日のパトビラ(№968 - 朝貢外交と僕らの生活 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

情報を共有したい話題が余りにも多くて今日のニュースは少し古いものですがきちんと知ってほしい話です。アメリカの大統領がトランプ氏になり公的私的に安倍氏らが訪米しています。その公的な訪米である首脳会談。2月3日に向かいましたが、ここで安倍氏はトランプ氏にアメリカの景気を良くし、失業者をなくすために、70万人の雇用と51兆円の経済効果を出すために公的年金などの費用を当て込み廻すとの提案をしました。
今でも年金金額は十分な生活をするには足りずに多くの人が四苦八苦しています。就職を捜してもなかなか見つからず困窮しているのは皆さん実感しているところではないでしょうか?
お金が有り余って日本国内が誰もが困窮していないならともかくこれだけ多くの人が困窮している中、なぜアメリカの景気を良くするために、僕たちの年金などのお金を使ってしまうのでしょうか?
沖縄では米軍基地を作るために反対する人を捕まえました。先週のビラのように気に入らない奴は捕まえられるような法律を作ることも進めています。こうした諂う朝貢外交と言いますが、その結果国民が困窮したら何の意味もありません。猛省と政治方針の変換を求めたいものです。


世の中は広く知らなければいけないと思います。同時に地に足つけてしっかりと大事なことは何かをしっかり知ってまずは身近な仲間のために動くことは大切だと思います。
この1か月の間、ジャンパー事件や埼玉の無低の運営問題など大きな問題があったのでこのニュースは時期を外してしまいましたが、それでも上記の観点から外してはいけないと思います。
海外でもアフリカや中近東で、命の危機にさらされている人やその日の食事もままならない多くの人がいるところに、命をつなぐための投資をするのならいざ知らず、アメリカの国内は日本と大差ないはずです。そこに日本の困窮を後回しにして投資するのなら、国家の体はなさないでしょう。国家の義務は存在しないでしょう。

同じレベルの困窮なら、日本の国内の困窮者を無視しないでください。

2月23日のパトビラ(№967 - 気に入らない奴は捕まえる -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の要件を変え、「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐり、(中略)これまで政府は、「一般の市民は対象にならない」としてきたが、捜査当局の解釈や裁量によっては対象になることが明らかになった。(朝日新聞ディジタル2月17日 0:51配信)。
これより先に埼玉の市民が福島の原発を見に行った際に、仲間内でレンタカー代と高速・ガソリン代を割り勘にして、4000円ずつ徴収した埼玉県加須市役所職員ら3人を道路運送法違反、いわゆる白タク行為として逮捕したニュースが流れました。
僕らも普通に仲間内で出掛ける時にレンタカーを使えばその料金はシェアーします。ガソリン代は割り勘にあたりまえのようにします。それを逮捕するというのは、気に入らない市民を捕まえるためには手腕を問わない恐怖政治のそれです。逆らう奴らには目にものを見せるぞ、と言う独裁者のそれです。
トイレ以外の立小便でも捕まえて拘留することができます。
ここにきてあまりにも急激におかしな方向へ進む政治が急加速しています。常に政治を意識しないと、弱者を切り捨てたり、忠誠を誓わないと捕まる怖さを感じます。
2月26日をもって城址公園での今年度の炊き出しは終了です。
最後の炊き出しにぜひお越しください。


オウム真理教の時は、24間逮捕したい人を監視し、立小便をした軽犯罪法違反とか白線の内側に駐車した駐車違反容疑で逮捕し拘留中に他容疑を取り調べたそうです。
また、沖縄高江でも昨年対立している地域間にある有刺鉄線を1本切った器物破損で半年以上も拘留が続いているそうです。

いずれも厳重注意や罰金で済むような事例ですが、警察権力が「捕まえたい」と思えば捕まえることは可能です。でも、そこに平等性は存在しなくなります。
誰もが捕まったならそれは法の平等性ですが、俺が気に入らないから捕まえたではそれは成り立ちません。
そんな権力者の身勝手さを助長させる法律が「テロ等準備罪」です。
もちろんテロや暴力行為から国民の安全を守ることを否定することではなく、それを錦の御旗のように掲げて自分の気に入らない人を取り調べることが出来るとしたら言語道断です。
そんな馬鹿な、と思いたいと思うのですが、かかった料金をシェアーしただけで白タク行為とみなされ逮捕されたニュースを見れば馬鹿なでは済まないことが分かります。

小田原市の学習

小田原市の福祉支援課らからの回答の場がありました。
すでにパトビラにも書いた通り、第三者委員会を設けることが小田原市からありました。年度内に4,5度ほど開催するとのことです。
少なくとも意識あること、そしてアドバイザーとして森川弁護士や和久井さんであることは意義があるというのは、前パトビラに記した通りです。

そんな和久井さんの著書シリーズ第2弾

20170215-11

雨宮さんも共著という事で読んでみました。こちらの本は、受給者の座談会が載っていました。不正受給の話題が必ずと言っていいほど言われますが、この座談会の話を聞いたらきっとそんな誤解をしている人も誤解が解けるのではないでしょうか?
それと同じことを担当の方にも感じてほしいです。
特に、受給希望者がそこまでに至る厳しい人生と不安と悲しみを持って役所に行くまでの様々な半生を、市役者担当者がこうした学習により思いやることができれば、第三者委員会は成功と言っていいのではないでしょうか?

そして、大事なのは、この事件の発端は市役所内の空気です。生活保護業務が他の業務よりも重要で緊迫したものと言う敬意を他部署の方が持ってくれないと元の木阿弥です。

2月16日のパトビラ(№966 - 小田原市の本気度 -)

毎週、野宿を余儀なくされている方(ホームレス)のところを訪問する際に持っていくパトビラ、今日はこんなことを書いてみました。

ジャンパー問題の続報です。小田原市はこの問題を重大な問題として認識して、有識者による検証委員会を設置し、学識経験者等のみならず、生活保護利用者の権利擁護に取り組んできた森川清弁護士と元生活保護利用当事者である和久井みちる氏をその委員とする、ことを発表しました。私たちもこの委員会の設定を高く評価します。と言うのも、国をはじめ行政の第三者委員会は、得てして自分たちに都合のいい人をそのメンバーにすることが多いのですが、森川弁護士をはじめ、和久井みちるさんをメンバーにする、つまりは当事者の代理人として十分役割を果たせる方が委員として発表できることは大きな期待です。
小田原市は日本で初めての『空き缶抜き取り条例』に罰則項目を盛り込んだ最悪の政策と、同時に医療単給には速やかな対応を取るべき裁量権の行使をする両局面をもっています。特に前者は市自身の問題であるのに対して、後者は担当部署の裁量だと思っています。しかし、悪しき前例をもつ市行政執行部がこうした第三者委員会の設置をすることで、他市に誇れる福祉行政になるのではないかと思います。
私たちの抗議書にも回答が15日にありました。内容は追って皆さんにもご報告したいと思います。


検証をしたことをどう実務に生かすのか? また予算との関係などもあるでしょうが、大きな一歩です。
さて、注視する僕も和久井みちるさんや森川弁護士のことをよく存じ上げておりません。期待できると書きながら、本当にそうなの?その人のこと良く知っているの? と言う疑問の投げかけには残念ながら、理論でお返事できないのが現実なので遅ればせながら、お二人の著書を購入。
まずは

20170213-01

から読み始めましたが、なかなかのもの。「託して大丈夫?」との推測が「託して大丈夫!」という信頼に変わりました。
何処の市でも、行政マンは保護を受けさせないように、きっと上から言われていることでしょう。それは国政の年金対策を見ても分かります。
和久井さんも書いていましたがどなたでもお気軽に、と言う窓口の言葉通りに保護につながらない、いいアドバイスをもらえないのは誰のせいなのでしょうか?
担当者でしょうか? きっと違います。上部から言われているのです。
では上部の判断でしょうか? それも違います。上級自治体の要請です。

小田原市のこの事件を通して国が変わるようにしなければいけませんし、そうできれば小田原市は保護政策優良自治体を誇っていいと思います。

生活保護の闇現場

今週のパトビラにも記しましたが、昨今日本を騒ぎの渦に落とした生活保護の問題は、個々の人が保護課職員を騙して不正取得するより、生活困窮者を利用して私腹を肥やす方が圧倒的に額も人数も多いと思うのです。

そんな時にFB(フェイスブック)にこんな本が紹介されていました。

20170207-01

これはいい!よく勉強しています。
極悪非道のように言われている小田原市役所ですから、未来を築くためにも僕は市役所をフォローしています。
でも、小田原市だけではありませんが、対無低施設や関連業者に関しては、やはり問い合わせの動きが鈍いですよね。それは保護法29条に書かれているにもかかわらず、です。
お役所仕事、個人には厳しいですが、それを取り巻く環境または調査の対象の企業や組織には案外甘いところはあります。

ジャンパー云々より、この部分の対応、または警察権との共同などをしてくれることにより、不要な保護費が流出しないと思います。
それを後押しするのは市民の声です。
声を出すためにこの本読んでみませんか?
一読するだけの価値は保証します。
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター