ポーランド戦を終えて

サッカーワールドカップがことのほか盛り上がっています。
特にグループリーグ初戦で強敵のコロンビアを破ったあたりから、本戦への期待が高まりヒートアップしたように見えます。
僕はサッカーはあまり関心がないので見てはいませんでしたが、1勝1分けで迎えた第3戦直前は、「日本が本戦進出するためには?」と言う星取シミュレーションがTVや新聞、インターネット画面に踊っていました。
『負けても相手次第』
そうした中、0vs1で迎えた後半は、このまま負けても決勝本戦に行けると踏み、パス回しで時間を稼ぎ思惑通りに本戦に行きましたが、その作戦には専門家からにわかファンまで様々な意見を出したのを目にしました。

なにゆえか?

それはプロ競技だからなのでしょう。
プロ競技は勝つことで報酬をもらうものですから、勝つことに全力を注ぐのは当然のことです。プロ野球で今年松坂投手が押し出しの四球を出しましたが、それは長打を打たれる確率より押し出しの四球を与えて次の打者を打ち取る可能性が高いのなら1点で済むという計算で、姑息と言われれば姑息なのかもしれませんが冷静な判断で勝利に結びつけたと感心しました。
貪欲に勝つためには広い目と冷静さが大切なことかもしれませんが、パス回しの時間稼ぎも同じなのでしょう。

同時にプロ競技の資金は何か?が問題になるかと思います。
それは観客の入場料金で会ったり、多くの視聴者がいることを目論んだTV放送にスポンサーとして企業がつくことで生じると思います。
ですから観客を楽しませることがプロ選手には求められています。プロ野球で例えるのなら、往年の王選手のようなスーパースターは別格として、でも、人気のある選手は必ずトップの成績であることはなく、新庄選手のパフォーマンスや衣笠選手の武骨な連続出場記録、初々しい東投手のもぐもぐタイムと関心の幅は広くとも関心もたれることで、会場に足を運ぼうとするわけです。TVを見ようとするわけです。

この2つから、プロは勝つことを目的としながら、関心を持ってもらうプレーをすることが求められております。
その一面から言えば、後者を無視したことが今回騒動になったのでしょう。見ていて楽しくなかった・・・・。
とはいえ、もし全力プレーで0vs2で敗れたなら、なんであそこでパス回しをして時間稼ぎをしなかったんだ、それも作戦の一つだろとたたかれることは火を見るより明らかで、何をしようがたたかれるのは有名人の宿命として諦めるしかないのかもしれません。

さて、そんなこんなででも進んだ本戦。黄金期のベルギーとの戦いとか。格上相手の戦い。ドラゴンボールの悟空じゃないけれど「ワクワクしちまうぞ」と、この日はプロとしてではなくスポーツマンとして、強い相手とただただ楽しんで戦ってくれればいいですね。

自分の世界

故・萩原慎一郎氏の歌集を買った。
いじめに遭い、体調を崩し、そして派遣社員の苦しい生活の日々を歌った歌集。
31文字に全てが凝縮されていた。

20180619-01

最近僕も写真を趣味とし、17文字でタイトルをつけてBlogという誰もが目に付くところにUPしている。自分を表現しようとしているのだろう。
が、本当にその画像に自分の言いたいことが写されているのか?その言葉がその写真の言いたいことを言い表しているのか?
と言われると、不可とは言わないが優や良と言った評価を頂けないものだと思う。知っているスキルを見せびらかしているだけで自分の世界の表現ではないのかもしれない。
こうした良質な文字を見ればその思いが確かなものだと納得する。

なんだ、この言いたいことが全て凝縮されている31文字は…。
うなずきながら読み進めて行った。

形式とか日本語の美しさというものから評価すれば氏以上の短歌は世にたくさんある。が、それは人の心を打つか、と言えば読み手それぞれだ。
小豆島に尾崎放哉氏の庵を訪ねた。「咳をしてもひとり」この文字数も無季語と言う形式も無視した俳句を初めて聞いた時から忘れられなかった。
山﨑方代氏の「手のひらに豆腐をのせていそいそといつもの角を曲りて帰る」を聞いた時もそうだった。

その瞬間の喜怒哀楽が素直にシンクロされた。孤独の恐怖と言う悲しみやボサボサ髪で欠けた歯の口でニマッと笑いながら豆腐を大事に抱える喜びが目の前に映像として現れた。
そんなものと同じ映像の見える感覚がぎっしりと詰まっていた。

たぶん王様には王様の悩みや苦しみはあるだろう。二枚目でスポーツマンにも困窮はあるだろう。だけれどたぶんそれは僕とは遠いからなかなかシンクロしにくいのかもしれない。
それに比べて前述の尾崎放哉氏や山﨑方代氏、そして件の萩原慎一郎氏の吐き出したい気持ちは僕からさほど遠くないところの感情なのだろう。だからシンクロしてしまうのかもしれない。

しかし、こんな風に自分の世界を表現する写真とか歌を作ってみたいなぁ
無理を承知でそんな思いがふつふつと湧きあがる。

ストレスの多い人生、30余年で自死されてしまったことが残念でならない。.
彼はこの世と言う抑圧された物から自らの翼で羽ばたいて行ってしまったのかもしれない…。
髪をなびかせて天馬のように駈け上って行ったのかもしれない。

年齢と気力

昨晩、夕食を食べながら、テレビ東京の『あなたの街の「気になる疑問」突撃調査 解決!ご近所キニナール』と言う番組を見ていました。タイトル通り待ちゆく人にこの街の気になるものを教えてくれと頼みそれを調査するという、テレビ東京の得意とするジャンル(笑)の番組。
赤羽の荒川土手で全日本草刈り選手権の碑。4万人もの農民が地区予選を戦い、その精鋭が荒川に集まりスキルを競い合ったというのも初耳だったし、大阪天満のたこ焼き屋「寛子」のおばあちゃんも素敵だった、お笑いの千鳥の大吾さんは昔たこ焼き屋でアルバイトの経験もあり、その経験からあと2回ひっくり返すときれいな真ん丸になるけれど、もしかしたらあの位のうちの方がおいしいって経験したのでやめているのかなぁ?と。その話を聞けば普通のたこ焼きと食べ比べたくなる(笑)

さて、最後は井之頭公園。いくつかの面白い話もあったけれど、最後に出てきたのが、階段の中ほどで一日中歌っている吟遊詩人のFURAさん(54歳)。
銃弾に倒れイマジンの歌で愛と平和を広げたJ.レノンさんに感化され、レゲエミュージックをひっさげ世界を放浪。スペイン人の女性と結婚し2人で世界を放浪中に、スペインで第1子、日本で第2子、インドで第3子、ネパールで第4子を生みながら、子どもたちのママは僕たちに任せてパパは自分の人生を全うして、と言う言葉を受けて1日1,000円程度の収入で路上で生活をしているそう。家族とはインターネットで連絡を取り合っている、と言う。

若い時は気力がある。頑張れるが、年齢とともに「革新しよう」と言う気力が失われるのではないでしょうか?少なくとも僕はその傾向があります。
アパートに引っ越す決断の一つに、「竟(つい)の住まい」と言う言葉が頭をよぎります。まだまだ新しいことをチャレンジしよう、ではなく、ほどほど腰を据えよう、落ち着こう、と言う意識が生じ、まず「居場所」の確保があってこそ、何か始めようという気になるようになりました。それは加齢による不安なのでしょう。もうここから動きたくない、ここで生活ができる中で楽しめれば十分と言う保守の姿。
若いころはそんなことなく、突っ走れた感がありましたが…。いい意味の貪欲さがなくなりました。

韓国は日本と違い財閥の解体がありませんでした。そして兵役があります。だから、突っ走れる気力体力のある若者は海外に新天地を見つけに行きます。慰安婦像の問題を活発にロスをはじめとする海外で行われているのは、韓国人が多く移住しているという側面があると思います。
が日本人は移住が少ない。それは朝鮮戦争による朝鮮特需があり戦後復興が進み景気が良くなったことと兵役がないことで若者が住みやすかったことが大きな点だと僕は思っています。
がそれから3/4世紀が過ぎ、日本国民全体が確信かを失い、未来に希望を持てない老人国家になりました。
人並みに自分の生活が出来ればいいや、と言う風習が蔓延し、自分らしい生き方を夢見なくなったと思います。

国家がそうだから、国家内のそれぞれの組織もそうなって、指導者が新しいことにチャレンジしなくなり、強いては若者に魅力のない組織になってしまっているのだと思います。
大企業に入社して1,2か月で退職する若者の言葉が、会社の魅力不足を口にします。
若者が組織を離れればその組織の明日はありません。静かに余生を過ごしつつ消え去る日を待つだけです。
そうでない組織は、時代にあった組織に変革をするのでしょう、が、指導者が変わろうとしなければそれは無理な相談です。

この日、FURAさんのオリジナル曲を聞き、僕と同世代の彼がとても気力充実して「根無し草」のようになにも失うもののないスタイルで不安にならず井之頭公園の片隅で歌っている姿に感銘を受けました。
いま日本で足りないものは、失うことの不安・恐怖でどんどん保守に陥っていることからの解放。もう一度若い心へのリバイバルなのかもしれません。それは企業と言う組織だけではなく、ボランティアや無収益組織というあらゆる組織に応用されると思います。

栄枯盛衰

地元小田原で結婚式を挙げて30余年。
昨日、式の間パチンコに興じ参列せず披露宴だけ参加した大学の友人(笑) とその時の話をした。
田舎の、その中でも特にのんびりした1時間に1本程度のローカル線で通学した僕は、大学に入っていろいろな地方から来た仲間と過ごしたことは何よりの収穫だった。
件の友は、給与週払いの食堂でバイトをしていた。月曜の朝大学で会うと「金貸してくれぇ~」と青ざめる風もなく寄ってきた。
理由を聞くと日曜の夜もらったバイト代を全部パチンコですったという。何度も書くが田舎の学校でその中でもおとなしい友人としか付き合いがなかった僕はその豪快且つ非計画的な金の使い方を知らなかったので、内容はともかくとして初めて触れ合った豪快な性格に魅力を感じた。
それでも結婚式の披露宴では、友人代表として自慢の歌声を披露しなければならないので、式の最中そこそこ勝ち続けたパチンコを止めて駆けつけてきた。
「あんときの披露宴会場はどこだったっけなぁ」
「いや、もうないよ」
そう、式を挙げてくれた教会は御濠端の地を離れ栄町に移り、披露宴、二次会、三次会のお店はすべて閉店した。時の流れはそんなものかもしれない。

株式会社シンクロ・フードというリサーチ会社が調査したところ

■営業年数別の閉店割合
1年未満:2243件(34.5%)
1〜2年:987件(15.2%)
3〜5年:1364件(21.0%)
6〜10年:1113件(17.1%)
11〜15年:380件(5.9%)
16年以上:407件(6.3%)

という報告をあげている。2年以内に半数がつぶれるご時世、もう一つは10年以上の老舗も後継者不足だろうか、地域に認知され愛されても12%が廃業する。

時代は変わる、求められるものも変わる。古くからのご愛顧の客は年を取り、時には亡くなり時には子どもたちの住む町へ転居する。新しい客の開拓をしなければ需要はなくなる。新しい客が立ち寄ってくれないというのは、その人たちは魅力を感じないということだろう。
そして古い店で寂れてくればバイトも雇えない、必然子どもも店を継ごうという気にはならないかもしれない。

でも、当然町中の店が総入れ替えするわけではない。僕らが結婚式を挙げた時にあったお店でも、いまだ営業している老舗はいくらもあるし、繁盛店もたくさんある。
多分そうしたお店は、老舗の良さと改革を意識しているのだろう。

自分と縁のある店がなくなるのはつらいし寂しい。しかしそれは世の中にとっては不要なものだからなくなったのだろう。使命は終わったのだ。「しょうがない」で済ませたくはないが「しょうがない」のだ。
しかし結婚式に来てくれた友人とはいまだつながりがある。そしてその友人との間には思い出としてのそのお店は残っているのだ。記憶からも消えたわけではない。
自分らにとって有益なお店と世の多くの方の有益なお店は違う。だから僕らも、昔の思い出を語りながら新たにできたお店で楽しく過ごすのだ。生き残るお店、新にできるお店は今のニーズに即している、今生きていることを実感できる場所なのだ。

そして今、大正期からの老舗の和菓子屋が店をたたむ。なにがそうさせたのか? その分析は他業の僕らも意味のあるものなのかもしれない。
たとえまわりの猛烈な反対を押し切ってでも改革をし生き残るもよし、静かに時代を悟り目をつぶって終焉を待つ生き方もまた潔い。
なくなるのは経営側の問題では無い時も多分にある、そしてもしそうならばそれを受け入れることも大切なのだろうな。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 もやもや晴れました(^^♪

拙宅は、Jcomのケーブルテレビで、TVとインターネットをしていますが、3つ契約すると割引があり、以前はこれに固定電話(au)を追加していましたが、アパートに転居をきっかけに固定電話を持たなくなりました。
そこでもう1つを何にするか悩み、結局はオンデマンドギガパックにしました。
だいたいは連れが韓流ドラマを見ているのですが、昨晩は「ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅」の項目がトップ画面にあり、暑くて寝苦しいこともあって、深夜25時過ぎから見てしまいました。
ご存知の方も多い、太川陽介さんと蛭子能収さんがマドンナゲストと共に路線バスだけで目的地を目指すバラエティ番組です。
ゲストは、ぶりっ子と女性にはあまり人気のないさとう珠緒さん、僕は己の魅力の表現方法を知っている方なので大好きですけれどね(笑) 

2003年の8月、皆さん、若いです(笑)15回目のチャレンジとのこと。

いきなりの5kmのウォークや山形ー秋田県境越えの15kmのウォークなどかなり厳しくも、かつローカルゆえの本数の少なさに難儀をし、結局はたどり着けなかった…。
しかし、田沢湖から玉川温泉を経由して鹿角に出るコースは、湯治療養で何十回も車を走らせたので、光景が頭の中にインプットされています。懐かしいなぁ~、と、楽しませてもらいました。

失敗に終わったこのコース。でも、番組作成の企画段階で「成功」できるからこそ、3人にチャレンジさせたのでしょう、と思いながらも、本当に成功できるのか? は今日になっても、もやもやしています。
そこで、インターネットでくぐると、やっぱり同じもやもやさんがいたのですね。

テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第15弾 米沢~大間岬」の「正解」を探してみた。やっぱりありました。
鎌倉淳さまと言う方のBlogを見ると、矢立を経由する方法がありました。

前述の玉川湯治の際にも、往復路中を含めて1,2回はどこか観光に行っていたので、十和田湖も行きましたが確かに十和田湖は、ここと奥入瀬渓谷が終点。
幹線道は、鎌倉さまの言われるように、小坂町ー矢立ー黒石だったように思い出しました。
でも、なんで鹿角BTの方は教えてあげなかったのだろう? 鹿角から小坂方面は本数ありそうなのに…?

チャレンジャーと企画スタッフの知恵の絞りあいがこの番組を盛り上げていますが、無理なルート設定が多くなりましたよね。歩くのが番組の目的じゃないので、たとえ9分9厘成功し、今回は簡単だったね、でも道中のバス車中の触れ合いがあれば御の字だと思います。
とはいえ、懐かしい風景も堪能でき、そしてもやもやが晴れました。

コーヒーの勉強(忘備)

20180512-11

訳あってこんな本購入しました。
少し勉強したいと思います。

1.豆
2.焙煎の仕方
3.挽き方と点て方
4.水
5.挽いた豆の量とお湯の量の割合
6.ミルクや砂糖など

作り手(点てる人)がかかわれるスキルは上の6点かな?

至上のわざ

イサクのおじさん井戸を掘る (渡辺正さん作詞)
と言うこども讃美歌が好きです。

1. イサクのおじさん 井戸をほる
ここから水が でないかと
いっしょうけんめい 井戸をほる
 
2. イサクのおじさん 井戸をほる
ようやく水が でてくると
ゆずってにこにこ よそへいく


昨日まで読んでいた「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」の空海の中の宗教(宇宙)観にも関連しますが、夢枕獏氏のお考えの仏教の言う「色即是空」は、(僕の解釈が間違っていなければ)この世のすべては自分の力でどうにもならないことだから委ねて生きる、というキリスト教のそれとも近いものがあります。
だから何も考えないでのほほんと生きることを良しとするのか、と言えばそれはまた違い、人生はBestを求め、そのBestを尽くした結果、それがどうであろうがそれを良しと受け入れることなのでしょう。その結果すべてを神に感謝して生きることがよしなのではないでしょうか?僕の理解しているキリスト教と夢枕獏氏を経由してかじった仏法はこの点は変わらないような気がします。

保持しようとする意欲が強ければ、また、俺が先に作ったのだからと言い争って良いことがないのなら、イサクのようにニコニコと去り行く姿は僕の生き方の一つの指針です。
来る者は拒まず、去る者は追わず、とか言いますが、その時その時Bestのお付き合いがあれば、そのご縁の方と一期一会最大級の(精神的な)おもてなしを繰り返していけばいいのかもしれません。 
この歌は戦うことの不毛さを歌っています。自分の労力だから自分のために使う、のであれば、ボランティアは存在しません。戦って勝ち得たとして、相手の悲しみを思い返せばそこにはやるせなさが残ります。
ならば戦わないことの方がいいのではないでしょうか? 差し上げる潔さは神の目にはよしとされることではないでしょうか?

断捨離と言う言葉がもてはやされ、我が家も物質的な断捨離は進み、私物置き場を含めて四畳半で済むようになりました。趣味のカメラと本だけしかない部屋です。
しかし断捨離と言うのはそういうものではなく最終局面に向けての断捨離です。

この世の最上のわざは何?
楽しい心で年をとり、
働きたいけれども休み、
しゃべりたいけれども黙り、
失望しそうなときに希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう--。
若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、ねたまず、
人のために働くよりも、けんきょに人の世話になり、
弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること--。
老いの重荷は神の賜物。
古びた心に、これで最後のみがきをかける。まことのふるさとへ行くために--。
おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしていくのは、真にえらい仕事--。
こうして何もできなくなれば、それをけんそんに承諾するのだ。
神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。それは祈りだ--。
手は何もできない。けれども最後まで合掌できる。
愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために--。
すべてをなし終えたら、臨終の床に神の声をきくだろう。
「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と--。


この至上のわざ の詩のような最期を迎えるための準備が断捨離出会って、それに向けていろいろと本を読んだりしますが、なかなかピンとくる本に出会えないものです。

20180205-01

タイトルに惹かれてこの本を購入。でも申し訳ないけれど、ほかの人が言っているのと大差なかったような・・・。
でもそれは・・・。
人間関係のしがらみってなんなのでしょうね? 来る者は拒まず、去る者は追わず、の僕は結構一匹オオカミなのでしがらみがないからわからないのかも知れません。

58

満と数えで年齢を確認した時代は、正月に今年の抱負を考えるのは理に叶っていたのでしょうけれど、いまでも自分の一年よりも世の中の一年で世界は動いているのかもしれません。
自分は自分と言い聞かせるためにも・・・と言うより正月は炊き出しで忙しいから(笑)、なんの計も立てずに早1か月。
誕生日を迎えたので振り返りと1年の過ごし方を考えてみます。

57~58歳の1年は一言で言えは変換の時のようです。転居し、片付けながら遺品から親を振り返り、部屋の中がようやく落ち着き、そして先週から新たな教会に足を運び、とすべてが新しくなっています。
転居は数年前までは思いもせずに、そして松田の教会に通うのは昨年末まで思いもしなかったこと。神様の導きは僕には全く分かりませんが、もともとはケセラセラの人間、あんまり考えずに進んでいますが、この先神様は僕にどういった道をお示しになるんでしょうか(笑)
2017年の夏・秋から始まった「小田原市石造物調査会」や「松田町観光協会写真部」といった趣味のお仲間も増えて、根が貧乏性なのかまた忙しい毎日になっています。
断捨離と称し多くの本を二束三文でブックオフに出したものの、また石仏の本など歴史物の本が増えてきました。片付けは永遠に終わらないのかもしれません。

疲れたものよ、私のもとに来なさい、と言う聖句。
集団で狩りをする動物、オオカミや犬などのボスは短命だと言います。リーダーシップを取る者より、リーダーの決めた後を歩く方が楽に決まっています。頼る者がいる幸せ。気を張り続けなくすむ気楽さ。
私のもとに来なさい、と言うのは委ねれば楽だということでもあるのでしょう。
全てを神様に委ねて肩肘張らずに、そしてあと2年くらいかけてゆっくり今の生活になじめればいいのかな?と思います。
還暦を過ぎた時、再度人生の第四コーナーを走れるようにまずは充電の2年にしたいと思います。

引き続き皆様よろしくお願いいたします。

続続続・引っ越しの効能

当たり前のことかもしれないけれど、相続は僕ら兄妹と母親の関係だけではなく、離婚した父親の戸籍も必要になるらしい。
しかし、今どこに住んでいるのか? 生年月日はいつなのか? も分からない父親の戸籍が取れるのか? は難航するかもしれないと思っていたところ、本籍は久野に残してあったので除籍は簡単に取れた。 つまりはなくなっていたことが判明した。
(2018年1月17日修正 司法書士さんの話によると、この後新たに戸籍を作られれば、元の久野の戸籍から抜けるので除籍扱いになる。存命かどうかは判断できないとのことです。訂正します)
もう一つ判明したことは、名字は父親の姓を名乗ったが戸籍は母親の方に入った?らしく、離婚時に母の戸籍から抜ける形になっていたので、、離婚後どこに住んでいつ亡くなったかは、抜けた後の戸籍を追わないとわからないようだ。

そんな少し煩わしい作業は残っているものの、少しずつでも知らなかった親のことが分かることはそれはそれで興味深い。
そして父親が亡くなったことが分かったので、相続放棄の手続きをするため(そうしないと今の家族が遺産を分けるのに困窮する)に母親の戸籍から飛び出した後の戸籍を追いかけなければならないようだ。(2018年1月17日修正 司法書士さんのアドバイスとしてまだ御存命かもしれないので急いですることもないでしょう、とのこと)

そんな作業と同時に片付けも進んでいる。
2週間ほど時期を逸したがこんなものを見つけた。

20180109-01

クリスマスカードだ。
裏面は

20180109-02

アンナさんと言うお名前が、洗礼名なのか、ハーフ(ダブル)やお連れ合いが海外の方だからかはわからないけれど・・・、から頂いたカードだ。
宛名がないので、母親がもらったのか?父親がもらったものが紛れていたのかはわからない。
そしてこの方がどういう方なのかも皆目見当がつかない。

しかし1959年12月、僕の生まれる1か月前のクリスマスカード。存じ上げない方からの聖書に書かれた薦めの言葉、そしてこのデザイン。ちょっとお宝を見つけたそんな気分だ。
写真立てを購入して毎年クリスマスにこのカードを飾ろう!

最後の・引っ越しの効能

母親は買い物好きのコレクター。
旅行に行けば必ず絵葉書を買ってくる。誰に出すわけでもないからたまる一方で、数えたら軽く百冊はあった。

まとめてyahoo!オークションに出しても買い手つかないか…などとぼやきながら整理しているとこんな絵葉書が見つかった。

20171221-02

20171221-01

どうやら戦時下の絵葉書のよう。でもいったい誰がどういう目的でこんな絵葉書作ったのだろう? そしてどのくらい売れたのだろう?

20171221-03

松村好文堂を検索すると、2パターンでてくる。1つは福井県勝山市の文具屋さん。もう一つは国会図書館の保管本。後者は大体戦争の関連の本なのでたぶんそこでこの絵葉書を作られたのだろうけれど、神田から福井へ転居したのか、それとも戦争中のこの会社は店を畳んだのかは定かではない。
とにかくこうした絵ハガキがあるという事だけでも驚きだった。

もう一つは1991年の絵葉書。

20171221-04

市制50年記念の絵葉書。
これは販売したものだろうか? 市民に1冊づつ配ったのだろうか?

20171221-05

ご丁寧に切手も貼ってある。

20171221-06

絵葉書を有効活用するところはあるだろうか? それともやっぱりyahoo!オークションか…?
プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター